つれづれ日記ー逝春抄ー

お絵描きと介護で多忙な日々 双極性2型障害と気長に共生中

大切なものの優先順位

同じような病気の方には実感としてご理解いただけると思うのですが、
双極性障害やうつというような病気を抱えていると、
健康な人にくらべてまったくエネルギーが足りないのがよくわかります。

 

気力と体力をも含めてのエネルギーですね。

 

それはもう痛いほど実感としてよくわかるから、限られたエネルギーを
どこにどう振り向けて有効に使えばいいのか、常に考えているわけです。

 

おのずと自分の中の「大切なもの」の優先順位が決まってきます。

 

この順位は人それぞれでしょうが、やはり「自分にとって大切なもの」
が先頭になりますね。1番、2番、3番、と振り分けてこなしていって、
どうでもいいことは本当にほったらかしになります。

 

無駄なことに時間や気力を使っているような馬鹿なことは出来ません。

 

私の優先順位ベストワンはもちろん創作です。

 

友人の存在や親しい人の存在はもちろん大切ですし、そういう人のために
時間やエネルギーを使うのはやぶさかではありません。当然ね。

 

でも知らない人や関わりがなさすぎる人には余分なことをする余裕はないです。
寄附とか、ボランティアとかならまだしもですが…。

 

個人として手がだせることには限りがありますし。
それが現状でもあります。現実でもあります。

 

優先順位をつけてベストを尽くしても反動がくるんだよね。
それがこの病気。悔しいけれど。

 

f:id:haruusagi_kyo:20150714132018p:plain

 

 

 

Copyright (C) 2001-2018,Haruusagi All rights reserved.