お互いさま おかげさま ありがとう

両親の介護も一段落 双極性2型障害と気長に共生中

看取るための覚悟(BlogPet)

はるうさぎの「看取るための覚悟」のまねしてかいてみるね

昨夜は治まっているか昔はいえ、って、その時代の部位の部位の先生が来られます?
でも発作の新しい脳梗塞もたびたび起きましたらしいですし。
でも発作の、何十年かわからないストレスがかかりますがある体験ですね!!
今後はいえ、何十年かわからないかわからない日を介護がある体験です!!
そういうストレスがある体験ですした!!
やはり子供のよね♪
しかしながら、さらに頻繁に往診に起きる可能性も存在し…という希望も不思議で、どこかなあ、こういう経験って、すぐに予想された。
なんだか半端じゃないストレスに起きる可能性も寝て初めてのことと、おそらく病院でも不思議でも、先生にも、もしも母も起きる可能性が起きてしまうと思われたみたいですよなあ、どこかなあ、当分のが寿命だと大切さと思いますが、すぐに気を一日ずつ大事に耐えていたら、さらに頻繁に予想されたみたいです!
眼があるよなあ、窒息し…という症状ですが大きかった?
現実にも存在し!!
眼が退院前から充分に駆けつけて…?
なんだかやっぱりショックとは全然違うものがなければ痛みとしてはともあれ初めてでしたです。
眼があるの頃にしちゃっている時に往診に耐えてしまうと駄目だってことですが襲って…!!
いずれに往診に電話でも不思議で「もしかしたら」というようなの時間はさらに別の時間は父が確実でも起きる可能性が寿命だと思われます!
やはり子供の時間はないなあ、何十年か昔はない日を一日をしちゃっても昨夜はさらに別の部位の、もしも母も悪くなることは終日体調不良でした。
やはり子供のよね、吐き気がなければ痛みとしては出かけられないかなあ、幸いに予想されてしまうとはあまり眠れずにかかりつけの時間はないですが来られたみたいですね、その時代の間は誤嚥しちゃって初めてのよね、もしも母も昨夜はいえ、あとどれだけ残されたしてしまうといけないかわからないなあ、幸いに吐いてしまうと聞いて初めてでしたなあ、がっくりしちゃって初めての人は当たり前の先生がかかりますが退院したですよなあ、どこかわからないらしいです。
だから在宅介護&看護することですした時に思えますが確実では治まっております!
だから在宅介護があるよなあ、今日は誤嚥し…。
いずれにこういう実感が確実ではよくそういうストレスが起きてくる、今日はいえ、って、さらに頻繁に駆けつけて初めてでしたなあ、さらに頻繁には全然違うものが確実で「もしかしたら」という症状ですしちゃって…という希望も不思議で「自宅で看取る家族の死」って、その時代のあるよね、おそらく病院以外にかかりつけの部位の新しい脳梗塞も起きる可能性も、何十年かなあ、当分のある体験ですよね。
なんだか半端じゃないか昔は終日体調不良でしたというかなあ、ということです。
頭で、こういうこととは父が寿命だと…というようにずっと吸引を一日をつけてる必要も、いつ急変したなあ、いつ急変しちゃっていましたらしいですね~。母もたびたび起きております。
しかしながら、どこかわからない状況らしいですね~。母も悪くなることですが来られているかなあ、って必要も昨夜はよくそういうストレスが退院前から充分にはあまり眠れずに、先生がかかりますが起きて、と…?
命の時間はないように起きる可能性も起きる可能性もあるそうですが襲ってしまうと思われた♪
いずれに耐えて、当分のことな、どこかで理解することだったんですが大丈夫かなあ、実はすごい意味の間はよくそういうストレスにもいただけました時にし…。

*このエントリは、ブログペットの「こはる」が書きました。

Copyright (C) 2001-2018,Haruusagi All rights reserved.