つれづれ日記ー逝春抄ー

お絵描きと介護で多忙な日々 双極性2型障害と気長に共生中

感じるままに書いてみる

 

父似から母似へ…

 

昨日はご近所の方々がお参りに来てくださって、そういうこともあろうかと用意したお供養の品が役立ちました。従兄が朝からお香典を届けてくれたりしまして、甥と姪が身延まんじゅう50個も供えてくれたので、結構生もので、来てくださった方々にお分けしてお持ち帰りしていただきました。

 

retty.me

 

それでも残るな。私も二つ食べたんですけど…。まあ、少しなら冷凍にして、食べる前に30秒、レンジで解凍が出来るので、そうしておこうかな、と思います。

 

みなさんが母の遺影を見て私に「そっくり」と言って帰られます。まあ、最期の時のように35キロとかになっていない、ふっくらした顔で、父の写真とつり合うような年齢を選んだから60代くらいかなあ…。歳が近いから余計に似てるのか (^_^;) 前は父に似ていると言われてたんですが、やはり性別のせいか、いまは弟が父に似てると言われます。

 

いまは髪の毛が豊かな甥っ子も「いずれ禿げるぞ」と脅かされていました。「太った」というので「Yちゃん、まだレスキューやってるんやろ?だったら筋肉と違うの?」毎日鍛えてて太るかなあ?? レスキュー隊が暇な世の中だとありがたいけど…そこまで聞くのは忘れました (^_^;)

 

つくづく遺伝は不思議ですが…。

 

 

 

まだ時々いるみたいだ


家の中はまだ母の気配が濃厚です。そうだろうな、と思いますが。時々寝息のような音も聴こえたりするし…。3年も家にいなかったんだから、気が済むまでゆっくりしたらええやん、と言っています。この寝息はね、亡骸が家にあった時は聞こえなかったんですけど、いまはいる感じです。父の時も似たようなことがありました。

 

日にちが経つにつれて、徐々に気配は薄くなっていきます。で、何年も経つと家の中では感じなくなるんですよね。でもどこかでは繋がってるのがわかります。

 

いろんな方に「寂しいでしょうけど…」と言っていただくんですが、そういうのがあるから実はあんまり重大な喪失感がないんですよね。距離的に遠くなったような気がしない。ただレイヤーが重なっているけど、非表示なだけで…。

 

この感覚は10代の時にはすでに自分のものとして存在していました。当時は「レイヤー」というたとえではなかったですが、近い感じはそのままでした。だからものすごく嘆き悲しむというような感じはずっとありませんでした。なんというか、自分にはわかっていたから…。

 

哀しみのあまりに立ち直れないとか、そういうのもないです。ただ、亡くなってから「もっとこうすればよかった」という類いの後悔はしたくないから、生きているあいだに出来るだけのことはしてきたつもりです。さすがにご近所さんはそういうのもよくご存知でした。

 

 

 

微妙な確率


お骨上げる時にのど仏の部分(第二頚椎と聞いた気がします)が「こういう綺麗な形で残っているのは100人中お一人くらいですよ」とのことで、その確率で「あ、双極性障害統合失調症の割合と同じだ」と冷静に思った私…。うーん…。めでたいのかめでたくないのか微妙?…かな? (^_^;)

 

お骨を細かくするのに「手で直接でもいいですか?」と直接割ったり…。高温で焼かれていると骨も柔らかいですね。父の時は口に入れたくなる衝動を我慢したのですが、今回も考えはしたけど、もう抜け殻だしな、とやはり我慢。

 

家に帰るとやはり写真に向かって話しています。

 

新婚旅行で夜行列車(当時)で伊豆に着いた時、その前の夜と、夜行列車の中で眠れなかったそうで、母はおかしくなった、と自分で言ってました。どうおかしくなったのかはわかりませんが、その時父は「こいつは自分が一生面倒みてやらないと駄目だ」と思ったそうで。

 

母もやはり双極性障害の感じはあったと思うけど、父は決意どおりに最期まで母を見守りましたので、精神疾患のある方は父みたいな人をパートナーに探しましょう〜 (^_^;)

 

我が家ではそういう病気のことや、生と死についても基本的にオープンな家庭でした。だから私も比較的早くからそういう心積もりが出来ていて、それゆえに早く冷静になれるところがあるのかもしれません。

 

 

 

みなさまによろしく

 

そういえば、私の画集も母に持っていってもらいました。こちらにいる時に見せようとしたら、片手が拘縮のため重くて持てなかったので…。(ごめんね、重くて)あちらで父と二人で見てくれているといいな、と思います。一応私は母の自慢の娘らしいです… (^_^;) 

 

f:id:haruusagi_kyo:20180602192205j:plain

f:id:haruusagi_kyo:20180602192226j:plain

 

 

 

こういうことをすると「聖★おにいさん」のブッダのお炊き上げ原稿を思いだします (^_^;) (マニアックかな?いや、結構ファンが多い作品だと思うし…)天界の方々、失礼ながらああいうものでよろしければ見てやってください (^_^;) 

 

とうとう天にまで託してしまったわ… (^_^;) あとで気付いただけですが…。いや、もし天からのご依頼とかあるのなら、頑張るつもりもそれなりにあったりして… (^_^;)

 

 

 

 

 

明日はクリニックの受診です。帰りに区役所にも寄る予定。必要なものが揃えば他の用事も片付けていけますしね (^_^;)

 

f:id:haruusagi_kyo:20180602192325j:plain

 

 

 

 

 

保存保存

保存保存