つれづれ日記ー逝春抄ー

お絵描きと介護で多忙な日々 双極性2型障害と気長に共生中

ゆるーくでいいから日々を送ろう (^_^) 僕らはみんな生きている

 

今日もたぶん短めだと思いますが…。

 

昨日は頑張って母のところに行ってきました。

 

11時半にはヘルパーさんが来られるので、それまでに買物もして
帰ろうと思って早くに家を出ました。

 

なので、ちょうど朝ご飯の最中でした。
わりと元気にしてましたけどね。

 

見慣れぬものがあるので、なにかな?と思っていたら
ちょうど看護師さんが来られて、
「いま、これを試してるんですが、噎せたり誤嚥がないんですよ」と。

 

中身を見ていないからわかりませんが、とろみのついた流動食というと
柔らかいゼリーのような感じかな?と推測できます。

 

ふつうの水のような流動食だと、ちょっとしたことで逆流&誤嚥しやすいのですね。
そういうのは点滴のように吊るして入れますが、とろみがあるとそうはいかない。

 

f:id:haruusagi_kyo:20180520074535j:plain

f:id:haruusagi_kyo:20180520074548j:plain

 

だからこういうふうに空気圧をかけて押し出す器具が必要になるようです。
これは吊るさずに使えます。

 

 

 

昨夜たまたまみかけたケアマネさんのつぶやき。

 

 

f:id:haruusagi_kyo:20180520074907j:plain

 

3、4月の状況が似ていておかげで私が倒れそうになったから、そういうことを
なるべく回避したいと思って工夫してくださっているのかもしれません。

 

うん。きっとそうだと思います (^_^)
ありがたいことです。

 

 

この話。

 

 


「私らは漫画喫茶にデイサービスで置いといてもらったら
一日おとなしく一人で遊んでますよね〜 (^_^;)」

と、言ってたことを思い出しました (^_^;)

 

 

f:id:haruusagi_kyo:20180520074723j:plain

 

 

 

 

保存保存

保存保存