つれづれ日記ー逝春抄ー

お絵描きと介護で多忙な日々 双極性2型障害と気長に共生中

しんどいけど生きててよかった、とか思える (^_^)

 

早朝覚醒もいいところだわ

 

昨夜は早めに寝たのに、午前2時台に目が覚めて、もう眠れないので寝巻きのままでブログでも書こうかなあ、と…。

 

今日はお昼過ぎにヘルパーさんの事務所の担当さんが来られるので…この月はそういう新年度のもろもろがあって忙しいです。時間の経つのが早過ぎる。なにもしていない、出来ていない気分になって焦ります。

 

身体に熱がこもって微熱になってて、それがずっと続くからしんどさも強いです。足のむくみもあるけど、そろそろ着圧ハイソックスも暑くなってきました。

 

f:id:haruusagi_kyo:20180424052425p:plain

 

ホントにね〜。「人並みに見える」「普通に見える」ように外では繕っているけど、その「人並みに近づこう」とするのにどれだけの努力が必要なのか、外からはまったく見えないのが辛い… (ーー;)

 

 

「好き」から生まれる力は大切

 

こういうまとめ記事を見ました。

 

togetter.com

 

え?好きとか嫌いとかないの?ごく普通に?

 

個人的にちょっとピンときませんでした。自分が生まれつき(多分)食べ物を初めとする好き嫌いで生きている人間だからですね (^_^;)

 

好き嫌いがない世界ってどんな世界?…考えてみても想像出来ませんでした。

 

別に就職とか進学とかでくくらなくても、単に趣味の分野でいいと思うんだけどなあ…。普通は「好き」は趣味嗜好から始まりますよね。

 

 

 

f:id:haruusagi_kyo:20180424052536p:plain


私はいままでの人生で何度となく絶望に近い気持ちになってきたけれど、その「絶望らしきもの」が長続きしないで、わりと短い時間でプラス方向に転換出来たのも「好きなもの」がたくさんあったからじゃないかと思います。まあ、オタク的なものでもいいんですよね。それだけ愛せるのは結構すごいと思うし…。

 

振り返ると、そういうたくさんの「好きなもの」に支えられて生きてるなあ、としみじみ思います。「好きなものがある」というのは幸せなことだと思います (^_^)

 

 

 

理想的なファンとの感謝の循環


今、Twitterで盛り上がっているタグ「 #羽生結弦の写真撮るの下手くそ選手権」が非常に面白いです (^_^;) みなさん、とても苦労されているんですが、失敗写真でもこういう形でユーモアに昇華させてしまう、ファンの人たちの愛情がすごい。

 

togetter.com

f:id:haruusagi_kyo:20180424053311p:plain

f:id:haruusagi_kyo:20180424053348p:plain

 

私、羽生さんとファンの人たちの交流のあり方を見ていると、何十年も先の未来の姿を感じてしまいます。非常に気持ちがいい交流なんですね。

 

blog.livedoor.jp

 

私もスクリーンショット撮りましたが、失敗してなくて逆に残念です (^_^;)

 

f:id:haruusagi_kyo:20180424052630p:plain


さあ、今日はどれだけ動けるかわからないけど、ぼちぼちやらんとなあ…。

 

 

 

f:id:haruusagi_kyo:20180424052650p:plain