つれづれ日記ー逝春抄ー

お絵描きと介護で多忙な日々 双極性2型障害と気長に共生中

母は突然入院しました (ーー;)

 

突然ですが、昨日夕方母が入院しました。

 

午前中に行ってるんですよ、特養に。その時に看護師さんから「ちょっと痰がたまりやすくてゼイゼイ言ってる」とお聞きしたんですが、私がいる時はそのゼイゼイがマシになっていて、これなら大丈夫かなあ、と思って帰ってきたら… (*-д-)-з

 

特養の相談員さんからの電話で、「お母さんのゼイゼイが強くて、痰吸引しても血中酸素濃度が80台なんですよ。だから看護師が付き添って、救急車で病院に行きます」「え?救急車ですか?」

 

家で様子を見ていれば把握しやすいですが、いきなり救急車と聞くとよほどのことだと思いますよね (^_^;) 「わかりました。すぐに病院に行きます」

 

…金曜日の夕方、おまけに雨。どこのタクシー会社に電話しても「すぐには無理です」と言われます。道で拾っても無理だろうな、と思いつつ、タクシー会社数軒めに「緊急なので…」と泣きついて、それでも30分以上待ちました。

 

相談員さんに電話で説明すると「あ、看護師が一緒なので大丈夫です」と…。

 

で、やっと来たタクシーで駆けつけると、すでに診察は終わって、病室に移されているところでした。6人部屋なのに母しかいない。そうか、みなさんめでたく退院されたんですね。

 

抗生剤の入りの点滴をして、酸素マスクをしてもらっている横で入院に必要な書類をひと通り書いて、お渡しして、あとは入院に必要な物品ですが、いつも病衣はお借りしているので、それを今回もお願いして、特養に行けばコップだのなんだのいくつもあるけど、取りあえずタオルはあるもの持参で、あとは100円ショップで買って持って行こうと思います。

 

f:id:haruusagi_kyo:20180406215537j:plain

こんなに広くて明るい病室ではないですが…

 

 

どのみち毎日タクシーなんか使えない。バス停の手前に100円ショップがあるので、バスに乗る前に買物すればいいかと思います。こういう時しか活躍しない障害者手帳の無料パスですが… (^_^;)

 

 

 

あ、そういえば昨夜は結構風雨が強くて、帰りもタクシーに乗らざるを得ませんで…。駅のタクシー乗り場が長蛇の列でした。ほとんど中国のお客様だと思います。言葉からすると。郷に入れば郷に従え(あれ?)で、長蛇の列に紛れて移動していたら、帰りはわりと簡単に乗れました。

 

それで帰宅してちょっとひと息。

 

今日は9時には家を出る予定なので、これもまた予約投稿です。

 

 

f:id:haruusagi_kyo:20180406215521j:plain