つれづれ日記ー逝春抄ー

お絵描きと介護で多忙な日々 双極性2型障害と気長に共生中

背中の荷物はまだ降りない (ーー;)

 

一日経っても背中の硬さは治りません。

 

これもやっぱり自律神経のせいだと自分でもわかっています。
いつも季節の変わり目になると胃腸の具合が悪くなるのもそうですね。

 

交感神経が過緊張状態になるから、頭で動悸を感じて背中が張る。
耳でも脈打ってるのがはっきりわかって、誰かの足音と勘違いします。

 

胃腸は副交感神経がメインに支配する場所だから、交感神経とのバランスが
うまくいかないと、きちんと働いてくれないんですね。

 

そういうメカニズムが自分でわかっているんですが、でもどうしようもなかったり。
なんかもう料理作るのも嫌だ。まず食べたくないし…。

 

背中の症状があると、メンタルで感じている「荷物」がそのまま形に

なった気がします。
どこで降ろせばいいのか?とか、誰と分け持てばいいのか?とかがわからない。
仕方なく背負っているけど、息切れはしてるし、投げ出したくもなってるなあ、と。

 

 

肉体の牢獄に捕われたこの世というのは、流刑の地みたいだなあ…。

 

こんなしんどい人生は嫌だ。天寿を全うしたら、どうかもう二度と
生まれ変わらずにすみますように。祈ってしまうわ。宗教とは無関係ですが。

 


昨日は結局、具合が悪くなって途中で引き返したので、耳鼻科にも行けませんでした。
今日は行ければ母のところ、と思っているけど、それもちょっとわかりません。

 

どっちかといえばしばらくどこかに消えたい気分。
仕事があるからそうもいかないけれど。

 

長い文章を打つのが辛いです。Twitter程度の長さがせいぜいかな…。

 

引き続き、なるべくぼーっとしていたいと思います。

 

 

 

f:id:haruusagi_kyo:20171110194304j:plain

 

 

 

 

 

 

保存保存