つれづれ日記ー逝春抄ー

お絵描きと介護で多忙な日々 双極性2型障害と気長に共生中

生まれつきの体質と生涯気長につきあうこと

 

工務店さんが来られるまえに更新しておこう。乾くのに時間がかかるから、今日はお風呂に入れないかもしれません。

 


まさか耳にまで関係するとは予想外でした


耳の聴こえまで自律神経と絡んでくるのか…と軽い衝撃を受けた昨日ですが、なんだかもう、こういう体質って持って生まれた宿命なんだと思います。

 

前にもリンクしましたが、この「本態性自律神経失調症」っていうのは見事に私に当てはまってしまいます(ーー;)

 

【本態性型自律神経失調症】 先天的な問題がある!?

 

私の感覚では遺伝と体質と両方あると思います。1歳前後から自家中毒になっていた身としては、思春期以降の片頭痛も、この双極性障害も全部繋がっている気がします。



kotobank.jp


自家中毒でもストレスが原因だと言われていますが、本人はストレスを受けたとは思っていないのですね。でも身体はそういうふうに反応してしまう。

 

事実、外出した翌日は気がついたら意識不明に陥って3日くらい気がつかなかったそうですし…。(多分、低血糖と脱水とじゃないかなあ。当時はリンゲル注射がメインでした)いつも入院してました。

 

でもそのきっかけは覚えてないんですよね~。

 

中学生になって、初めての片頭痛発作を体験しましたが、自家中毒片頭痛も繋がりがあると言われているそうですから…。一番頻繁に起きたのは中3の頃で、クラス替えに馴染めないところに、見えない受験に対するプレッシャーみたいなものがあったのかも、です。

 

私、いつも精神的にストレスはあまり感じていないと思うんですが、でも身体の方が先に反応してしまうんですよね~。なんというか、それほど敏感なら、天気予報は当たり前として、地震予知くらいできてもいいのになあ、とたまに思います(^_^;)

 

 

なかなかつきあいが難しい相手


生まれつき、そういう弱点はいくらか自覚があって、長年、リズムを乱さない生活を心がけて意識してきましたが、介護とか関係してくると結構難しいですね。

 

こういう体質じゃない人は普段からどういうふうな生活をしているのか、実はいまいちよくわかっていません。あんまり弱点だと思わないですが、でも具合が悪いのは確かに弱点で、それが難聴にまで及ぶとは予想外でした。

 

まあ、今後は気をつけるしかないですけどね。


自律神経の乱れは検査をしてもわからないから厄介です。双極性障害うつ病が数値に出ないのと同じですね。

 

でも具合は悪いでしょう?症状は確かにあるんだけど、どこに乱れる原因があるのかよくわからなくて、従って対処療法するしかないと思います。

 

生まれて以来こうだから、体質改善なんてやるだけ無駄だし。これが私、と思っていくしかないんですよね~。脳と身体と両方かあ…。まあ、似たようなもんだから仕様がないかなあ…(*-д-)-з

 

 

健康な時とのギャップがないのがある意味救い


自律神経って謎だなあ…。5、60年前にも謎でしたが、それから現在になっても謎なのね…。不思議だと思います。まあ、そういうふうに生まれついたのは宿命でしょう。運命は変えられるけど、宿命は変えられないしね…。

 

メンタルはかなり鍛えられたと思うのに、身体的な反応は依然として過敏なんですね。もう仕様がないですね。

 

生まれつきこれだと「無理は出来ない、してはいけない」というブレーキがかかるところはあります。家族を初めとする、身近な理解者に恵まれたことは僥倖だと思います (^_^;)

 

「戻りたいと思う健康な時期」がまずないので、なにか病気になっても落差が少ないと言うか、結構「仕様がないなあ」という諦めと割り切りが早いのが取り柄(?)じゃないかと思います。

 

 

 

↓なんだかこれ、妙に思い当たる気がする…。

f:id:haruusagi_kyo:20171105071251p:plain

 

 

f:id:haruusagi_kyo:20171105071310j:plain