つれづれ日記ー逝春抄ー

お絵描きと介護で多忙な日々 双極性2型障害と気長に共生中

既成概念を壊す役目を背負っている気がする

 

ひそかにファンしています


私はあまりおおっぴらに声をあげたり行動したりしないので、気付かない人もたくさんいらっしゃると思いますが、お人形以外にもジャニーズも羽生結弦くんも好きで応援しています (^_^;) あ、ただし、ジャニーズは限定グループがあって、少年隊から、SMAPTOKIO、V6、KinKi Kidsあたり限定ですが…。

 

それでもって吉田秋生さんの「BANANA FISH」がアニメ化されるというのもひそかに楽しみにしています (^_^;)

 

natalie.mu

 

現在、見ているアニメは「夏目友人帳」と「妖怪アパートの幽雅な日常」くらいですけど…。まあ、これらもひそかに楽しみにしています (^_^;)

 

youapa-anime.jp

www.natsume-anime.jp


…いや別に内緒にしておくつもりはないんですが、同じように楽しんでくださる同世代って少ないので…。

 

「いえ、ジャニーズ好きな高齢者さんは少なくないです」とケアマネさんはおっしゃってますが… (^_^;) でもアニメとなると私たちよりのちの世代のものだと感じてしまうしね… (^_^;)

 

ん?いま気がついた。「夏目友人帳」も「妖怪アパート…」も人外のものが結構普通に出てくるアニメですよね。そういうのに癒されるのね…。だれかがコメントで「妖怪というのはそもそも人間の存在がきつくなったところから生まれてるみたいだし…」とかいうのがあって、なるほどと思うのですね。人外の存在に対するまなざしに少数派の悲哀を感じるのは私だけかしら??

 

 

自分が考えて決定する自由の大切さ

 

現実の社会でも私は少数派です。他の人と違うことを怖れないほうです。この違和感はやはり幼稚園のころから感じていました。集団の中に入るとたちまち明らかになりますね。

 

時々、私は規制概念をぶち壊すために生まれてきたんじゃないかと思います。日本の社会の中に当たり前のように存在する「同調圧力」みたいなものが耐えられないのです。

 

自分が調べた情報で、きちんと自分が考えた結果でしか行動しない。既成概念をぶち壊す使命を背負っているような気がします。納得できなければ古くからの慣習だって破ります。先祖代々の旦那寺を抜けるというようなこともやってますし。自分が納得出来なかったからです。

 

まわりがなにをどう思おうと関与しない。どこまでも自分が考えて決めたことを守る。「いい子」「いい人」になんかなりたくないですし。

 

まあですから敵もそれなりに多いし、嫌われもするし、生きづらさも半端じゃないけど、でも自分を曲げてまで生きようとは思わない。

 

 

こういう人間がもっとも大切に思うのは「選択の意思とその自由そのもの」ですね。自分が自由に選べない人生なんて偽物だって思ってしまうので…。両親が私のこういう性質を矯正しないでいてくれたおかげで、こういう大人になってしまいましたが、でも私はこれでいいと思っています。

 

すごい自分が「生きてる実感」が得られます。人任せにしないことって大事です。

 

いまはまだ機が熟していないけど、遠からず私のような価値感を抱く人も増えると思います。いろいろ変化するタイミングってあると思います。残念ながらまだその時ではないみたいですが…。

 

既成概念に捕われず、自分の頭でしっかり考えて判断が出来る人が増えてくると思うよ。そうしたら社会も世界も少しずつ変わってくると思います。

 


早過ぎて理解されない宿命を背負っている気がしますが、まあ、私の場合は自然にありのままに生きているので、これで間違っていないと思います。納得いかないことには動かない。当たり前のことですよね。たとえ自分が選んだことが間違っていても責任は自分にあるだけだし。

 

普通に生きるだけってつまんないし〜 (ーー;)

 

「世間や大人が望むいい子である必要はない」という方向性を伸ばしてくれた両親に感謝しています (^_^)

 

 

f:id:haruusagi_kyo:20171023213316p:plain