つれづれ日記ー逝春抄ー

お絵描きと介護で多忙な日々 双極性2型障害と気長に共生中

自分が選んだけど、自分を責めなくてもいいこと

 

予約投稿しておいて、行けるなら母のところに行こうかな、と考えています。

 


思い出はプライスレス

 

昨日、夕食を食べながら、タウン情報誌を眺めていたら家計簿診断のコーナーがありまして。そういえばこれ母がよく眺めていたな、と思いつつ見て見たら、昨日のご相談は88歳の女性でした。88歳かあ…。父が生きていたら同じだなあ、と思ったり。

 

で、その方、年金は月16万だそうです。一人暮らし。貯金が1000万で、老人ホームに入居したら売却可能な自宅マンションが3000万。

 

あの年代の方は本当に無駄遣いが出来ない世代だから、地味に地道にコツコツ貯めてこられたんだと思います。父も本当にものを大事にする人で、死後も仕事に必要だったスーツ以外はほとんど処分する必要がありませんでした。つつましく生活する人でした。

 

だから、この88歳の女性にも、身体が自由に動けるうちに楽しんでいいもの見て、美味しいもの食べて豊かな気持ちになっておいて欲しいなあ、と思いました。老人ホームに必要な費用は充分にあると思うな、マンション売ればなおさらに。

 

見知らぬ人のなにを案じているのやら?と自分でもおかしくなりましたが、ファイナンシャルプランナーさんのアドバイスも同じ感じでしたよ。死ぬ時にモノは持って行けないけど、思い出は持っていけるから。そういう記憶って大事ですよね。

 

(1000万&3000万あったら、すごく気が楽だろうな、と思いつつ、私にはお金を増やす才能もありませんね)

 

 

 

時を越える美と瞬間の美


美というものには時を越えるものと、その「瞬間だけ」の美とがあると思っています。前者は主に美術品などですが、後者は人間関係のものが多いと思います。

 

時は止めることが出来ず、移り行き、人は徐々に老いてゆきます。

 

若さと才能が見事な花になって開く「時分の花の美」。若いアスリートたちや、アイドルや俳優&女優さんやそういう人かな。学校の中でもそういう「花」になる人っていると思うな。若いということはそれだけで美しいので…。

 

小児科勤務の経験がある私ですが、「はい、あーんしてね」と後ろから子供たちのほっぺを固定していると、そのつるつるのお肌にかなうわかないじゃん!といつも思ってました。この世に生まれてまだ数年のお肌の気持ちよさと言ったら… (^_^;)(あぶないな)

 

そういうのも美、ですけど、大人の人が咲かせる瞬間の美、名演、名舞台、名演奏、熱唱などなど、その瞬間にしか生まれなくて、あっとうまに消えていくけど、それを見た人の心の中にはいつまでも焼き付いている美、というやつですね。

 

自分も歳が歳なので、このごろそれがとても愛おしく感じます。人生でそういうものに出会う機会が多く持てた人は幸せだと思います。

 


ただ、これも自分が不幸だと感じていたりすると、出会っても気付かないことがあって、勿体ない限りなんですよね。

 

 

 

なんで自分が…とは思わないなあ…


そういえば私は多分「なんで自分がこんな目に合わなければいけないんだ」ということを思ったことがないなあ…と。記憶にないからおそらく間違いじゃないと思います。

 

で、考えてみた。よく人は自分の不幸や不運を嘆くけど、その気持ちの中には「自分がこうなりたくてなったわけではないのに…」というのがあるのではないかと思います。

 

それは多分なにもかもを自分で決めてこれなかったことの裏返しとしてそう感じるのではないのかな?と思う次第です。「こうなってしまったのは誰かのせい」と思う方がきっと楽なんだろうな。

 

私は記憶にはっきり残る限り、中学生になってからのことはほぼ自分で考えて決めてきたような気がします。中学生以降の人生もあまりにもいろいろあり過ぎて、全然順調じゃなかったけど、もともと自分が他の人とは違う価値観の持ち主だという自覚もあって、お絵描きという北極星みたいな存在があったから、他は全然人並みじゃなくても気にならなかったなあ、と思います。

 

そもそも不幸なわけじゃないから。

まあ、いまだに苦難は終わっていませんが、自分でも意外なほど、平穏に近い気持ちでいます。

 

自分で決めてきたから嘆く意味がないんですよね。理不尽に思えることでも、きっと隠れた遠因が自分の中にあるんだと思います。鏡のように自分に似た人が身近に存在するかもしれませんしね…。

 

普通の人でも「憑き物が落ちた」と感じることってあると思うけど、意図的に分離してこの前落とした死神=希死念慮はあれから帰って来ないので、非常にありがたいですね。厳しい現実にもわりと平常心に近く対応出来る。希死念慮がないだけで、すごく心強いです。希望が抱けるから…。強くなれるし。

 

もしかしたら、いまの私、あんまり怖いものがないかもしれません。そういう気がします。

 

死神を落せる陰陽師とかの想像に走ってしまいそう (^_^;) …医学的に貢献できたらな。

 

 

 

 

f:id:haruusagi_kyo:20170804185507j:plain