つれづれ日記ー逝春抄ー

お絵描きと介護で多忙な日々 双極性2型障害と気長に共生中

「普通でいること」って大変なんだからね

 

おかげさまで明るい台所に (^_^)

 

数日不自由な思いをした台所の照明ですが、昨日の夕方に電気屋さんが来られて、シーリングの工事をしてくださいました。おかげさまで、また明るくなったので、早速、鮮度が心配だった焼き茄子とジャーマンポテトと塩もみ白菜を作りました。まだ冷蔵庫の中で、ニンジンが葉っぱを伸ばしつつありますが、全体的に食材が尽きてきたので、また頭が痛いです(>_<)

 

あとひと月弱でスーパー開くのか。待ち遠しいなあ…。買い過ぎて無駄、とかそういうのをなくしたいなあ、と思います。はあ… (*-д-)-з

 

 

 

根本的にはうつが問題なのか??


早朝から私も起きていますが、なんとなく降りてきた弟と話をしていて、「夕べも貫徹」だと言うので、

 

「そんでも時々空白の時間があって、気がついたら時間が過ぎてる、ってあるんと違うん?」
「このまえ、気がついたらまる一日空白だったこともある」
「それってどう考えても寝てるよね。短時間にしろ、昼間にしろまったく寝てないということはないから、あんまり気にせんほうがええと思う。いつのまにか寝てたらそれで上等やと思ときなよ」
「けど、起きてるとしんどい」
「横になって目を瞑ってるだけでもええ、と先生言うてはったで」
「けど、それやると死にたくなって、どうやって死のうか?とかばっかり考えてしまうねん」

 

…なんか、見えてきた。人にも会いたくない、話したくないくらいにうつの時期にいるんだと思う。寝ることに執着するのは希死念慮があるからか。寝逃げしたい願望があるからか。わかるけどさ。

 

「いっぺん入院する?」
「遠い病院は嫌だけど、一番近いD病院ならまだいい。…けど、入院したら煙草吸えへんしな」
「無理言うなよ」

 

希死念慮を遠ざける方法、自分の場合ならかなりわかるけど、それが弟には難しいみたいなんで、パキシルとか飲んでても駄目みたいで、なにかいい方法がないかな?とつい思ってしまいました。

 

希死念慮が問題なのか、睡眠状態が問題なのか? うつであるのは間違いないですが。

 

 


どうもいい影響があるとは思えない

 


今朝、ぼーっとTwitterを眺めていて、こんな漫画の存在を知ってしまいました。

 

konomanga.jp

 

これ描いてる人、お医者さんでも看護師さんでも患者さんでも患者の家族でもないんですよね。個人情報はどこまで守られているのかわかりませんが、アルバイトで働いてる女性だから、そんなに詳しい内情を知っている人ではないように思うんですが、そういう人が描いてもいいんだろうか?

 

余計に誤解を生むだけの作用しかなければすごい迷惑だと思うんですけど。

 

患者当事者でもあり、患者の家族でもある私から見たらすごく不愉快。

 

すごく心に引っかかったので、ここにメモしておきます。

 

これを読むくらいならこっち読んで。絶賛お薦め本だし。

 

 

 

こころの医者のフィールド・ノート (ちくま文庫)

こころの医者のフィールド・ノート (ちくま文庫)

 

 

 

 

f:id:haruusagi_kyo:20170801092843j:plain