つれづれ日記ー逝春抄ー

お絵描きと介護で多忙な日々 双極性2型障害と気長に共生中

臨時にクリニック受診してきました

 

治る過程にも時差(?)がある


ここんところ、あまりにしんどいので、臨時でクリニックを受診してきました。
本来は24日なんで、また来週も行きますが、今日は取りあえず自分一人で。

 

双極性障害というのは、先に精神症状が軽快して、身体症状があとに残って時差のようにあとからましになっていくパターンが多いらしくて、私もその段階にいるんだろう、とのことでした。

 

気持ちはあっても身体がついてこない、という状態ですね。
鉛様麻痺なんかもそれの過程のようです。どっちもどっちですが、希死念慮がないだけましかな、と思います。動きたくても動けないもどかしさはありますが。

 

私の場合、ラミクタールは発疹が出て駄目なので、特に使える薬もないし、あえて飲まなくても大丈夫(それは自分でもわかる)ので、相変わらずリーマスメインのままですが。

 


私は夏に不調だというのも、やはり人それぞれのようで、冬に不調の人や季節の変わり目に不調の人や、いろんなパターンがあるようです。

 

夏に不調っていうケースもあるんだよね、やっぱり。


あとは、弟が内科でレンドルミンを処方してもらっていたので、直接、内科の先生に連絡して、精神科の薬はクリニックだけに統一したいと先生が言ってくださるようです。これもややこしくなるから案じていました。

 

 

ちょこっとハローワーク

 

なんだかいろいろあったけど、しんどいけど、せっかく一人で来たついでだし、ハローワーク(わりと近くにあります)に寄って、障害者用の求人票を眺めてきましたが、なかなか在宅は難しいかあ…。

 

技術的な仕事なのに、年齢制限もあったりするし、そのへんもネックですけど。

 

在宅で可能な仕事を捜したいというのは先生にも話していて、毎日昼間3、4回横にならないといられないしんどさがあっても、ましになれば続きをやれるそういう自由さは在宅ワークでないと得られない、と言っていました。

 

それも安定性のある仕事があればね…。やっぱり全国規模で捜すしかないかな。
マッチングの問題は難しいですよね。まだまだ今後の課題です。

 

 

f:id:haruusagi_kyo:20170718112819p:plain