つれづれ日記ー逝春抄ー

お絵描きと介護で多忙な日々 双極性2型障害と気長に共生中

「普通の人生」ってどういうものなの?そもそも「普通」ってなんだろう?

 

「普通」っていうのはなに??


このあいだから「普通の人の普通な人生ってなに?」とぼんやり考えていたら、こういう記事に出会いました。

 

curazy.com


計算されている方がいらっしゃいますが、要素としては健康問題は大事なので「身体的に大病もせず」「後遺症が残るような大事故にも遭わず」というのを加えて欲しいと思いますが、そうすると、もっと少なくなるでしょう。

 

全然少数派ですね。少なくとも私はそういう人に会ったことがないと思います。

 

 

幻想世界の「サザエさん

 

この「普通のサンプル」ってどこに存在しているんだろう?と考えて、私はサザエさんちを思い出しました。

 

サザエさんの家庭は夫婦仲もそこそこ良く、お父さんやマスオさんはわりといい大学の出身で、問題なく会社勤めをしています。カツオくんやワカメちゃんだって、健康に通学していて、いじめにあったこともありません。

 

ずっと歳を取らない設定ですから、進学や就職の問題で悩んだり、誰かが病気になってみんなで心配したり、もしくはお父さんやお母さんが歳を取って認知症になったり、介護が必要になったりとか、そういう大変な問題は一つも起きてきません。

 

知人や友人が亡くなって、そのお葬式に出るようなエピソードもないと思います、(私、そんなにみてないからもしあったらごめんね)人生で遭遇するマイナス要素が綺麗に描かれていないアニメが「国民的アニメ」で、その番組を見たら、翌日は月曜日の憂鬱に遭遇しないといけないのが現状ですね。サザエさん症候群の憂鬱にもそれが含まれていませんか??

 

あの作品は昭和からずっと続いていますけど、大きな変化はしていなくて、その変化のなさが現実と離れてくる距離が大きくなっているのかもしれません。

 

まあ、サザエさんだけが悪いのではありませんが、ああいうのが「普通」だという認識からは早めに卒業したほうがいいと思います。「普通」はどこまでも幻想に過ぎないことが思い知らされます。

 

 

家族や家庭のあり方にはいろいろあることや、だから自分の人生は自分らしく選択して決めていくこととか。

 

上の記事に書かれた「普通の条件に当てはまる家庭や人生」っていうのはやっぱりサザエさんちしか思いつかないなあ…。その不自然さやいびつさを思うと、サザエさんの家庭とはかけ離れていても、自分の人生は随分まともで幸せだと感じてしまいます。

 

 

だから自分らしく生きたい

 

その人がその人らしさを発揮して、自分の価値観を大切に、他人の価値観もきちんと認めつつ、多様なことや独自性も尊重すること。本来それが当たり前じゃないかと思うんですけどね。

 


ちょっと自分が興味があって、リンクしました(^_^;) 手作り大好き。気力が続けばね〜(^_^;)

 

 

 

お絵描きはいまここです。なかなかだね〜(*-д-)-з

 

f:id:haruusagi_kyo:20170604090738p:plain