読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つれづれ日記ー逝春抄ー

お絵描きと介護で多忙な日々 双極性2型障害と気長に共生中

趣味にも波がある

 

うちの弟の趣味は魚の飼育と園芸です。

 

魚は金魚から淡水魚まで、うちの玄関には大きめの水槽が3つあります。照明やヒーターなどの設備も揃っています。アロワナとかアリゲーターガーとか、エンゼルフィッシュとかもろもろの淡水魚を飼ってきました。

 

10数年前に弟が入院中にアロワナが飛び出して死ぬ事件もあって(空中の虫をジャンプして捕まえる習性があります)、当時はまだ元気だった両親と3人で大騒ぎして片付けた記憶もあります。

 

このあいだ、真夜中にプランターに九条ネギの種を植えてました。なんで夜中なのかわかりませんが、たまたま調子が良かったみたいです。

 

調子がましな時にはやりたくなるらしく、「グッピー飼おうかな」とさっきも言っていました。趣味だからいいんですが、自分がうつになってしんどくなると、世話が出来ない日が続いて死なせてしまうのですね。

 

両親がお世話になったケアマネさんには「弟さんの状態は水槽見ればわかりますね」と言われてました。

 

クリニックの先生に相談すると、「まったく同じパターンの行動をしている患者さんがもうひとりおられる」そうです。じゃあ、その人も魚を飼っては死なせておられるわけですね(^_^;)

 

私は魚が泳いでいてもほとんど見てないし興味もないし(クラゲなら見ていたいけど…)、以前、子育てするディスカスが子供を育てているのは楽しく見てましたが、私自身は人間の世話だけで精一杯で、弟ができなくても魚の面倒を見る気はありません。

 

きっとまたうつになったら死なせるのでしょうが、でも趣味も大事だから止めないでおこうかなあ、と…。

 

 

 

で、ふと気がつくと、こういうのって、材料だけ揃えて嫌になる私のパターンともなんとなく共通点がありそうに思えてきました。こういうところもなんとなく困った病気ですよね…(*-д-)-з

 

 

 

f:id:haruusagi_kyo:20170507181304j:plain