つれづれ日記ー逝春抄ー

お絵描きと介護で多忙な日々 双極性2型障害と気長に共生中

敵(?)を知るのが面白くなった(^_^;)

 

私の蔵書から…

 

みなさまもご存知のものがわりとあると思うんですが…。

 

この病気を敵じゃなくて味方に近づけるためには、まず知ることが大事だと

思いました。で、気がつくといつのまにか本が増えていました(^_^;)

 

お知り合いのお医者さんたちからのお勧め本もあるので、医学書みたいな

タイトルもあります。一応全部ひととおり読みましたが、これでも一部なんですよね。

もっと他にもたくさんあります。

 

調子が悪い時は専門書から読めなくなるので、自分の状態がわりとよくわかります。
それと介護の関係もあって、制度を知って生かしていくことは家族を守るためにも

必要不可欠だということもわかって、そちらにも関心を持たざるを得ませんでした。

 

双極性障害以外の本もありますが、これは自分の関心の延長と、他の病気について

知ることも無駄ではないと思ったからで、脳と心については興味が尽きなく

なっています(^_^;)正直、面白いです(^_^;)

 

「味方」とまではいかないけど、すごくいい「師匠」くらいの存在に

なりつつあるようです(^_^;)

 

 

f:id:haruusagi_kyo:20170428130948j:plain

 

 

「身体はトラウマを記録する」だけはタイミングを見ているので、まだ未読です。