つれづれ日記ー逝春抄ー

お絵描きと介護で多忙な日々 双極性2型障害と気長に共生中

種々雑感

 

慌ただしく衣替え中(まだまだ終わらない)


急に暑くなったので、バタバタと衣替えしてますが、これがかなりしんどい (ーー;)
いや、もともと足がむくんだり微熱傾向だったり、動悸がしたりでしんどいのですが。

 

私も弟も二日続けて食べるほどカレーが好きじゃないので、なんとかご飯は

作りました。

 

パンがないから、いまコンビニに行ってきたけど、もうしんどくて駄目です。

 

いさぎよく「お休みします」って言えばいいのかもしれませんが…。

 

 

お絵描き用具のプレゼントの件

 

筆ペンのプレゼントの件は、おかげさまで今のところ、Facebook

お絵描きグループの方を中心に10名さまくらいからのご希望があります。

 

まだまだ受け付けていますので、よろしかったらどうぞ〜 (^_^;)
当選1名様が申し訳ありませんが…。

 

Mac用の抽選ソフト(フリーで無料の)がないかなあ…と捜しています。
Windows用のはあるのは知ってるんですが、Mac用はどうかなあ??
もしもご存知の方がいらしたら教えてくださると嬉しいです (^_^;)

 

 

 

昨日の話題を引きずって…

 

「天罰が下る」
「天に唾する」
「天網恢々疎にして漏らさず」
「人事を尽くして天命を待つ」

 

…などなど、こういう場合の「天」ってなんだろうな?

 

個人的には特定の神さまとかじゃなくて、「宇宙の理」みたいな気もしますけど…。


「きちんと並んで待つ」とか、災害のあとでも「略奪が起きない」とか
「人が集まる場所でも掃除して帰る」とか、そういうことももしかしたら
日本人の中には「お天道さまが見てる」というのが生きているのかもしれないなあ。

 

ふとそういうことも思いました。

 

だとしたら「天」の視点は大事にしないといけませんよね。

 

 

羽生君の本

 

一昨日は寝落ちしたけど、昨夜はちゃんと読みました。

 

 

 

蒼い炎

蒼い炎

 

 

 

蒼い炎II-飛翔編-

蒼い炎II-飛翔編-

 

 

 


そうかあ…彼は平昌五輪から振り返って見る人生を抱いてるんですね。
まだまだ若いけど、肉体には限界があるからなあ…。

 

二度とは咲かない「今年の花」「来年の花」。

短い花の命ゆえに輝きは大きいのでしょうけど。

 

いろいろと想いにふけってしまうこのごろです。

 

 

f:id:haruusagi_kyo:20170418101656j:plain