つれづれ日記ー逝春抄ー

お絵描きと介護で多忙な日々 双極性2型障害と気長に共生中

続ける努力は地味だけど好きなことは苦にならないですね

 

地味に進展しています

 

いつまでも寒くて調子が悪いですね。いまだにエアコンつけてますよ。18℃設定だけど。

 

昨日は半分引きこもりのような生活になりました。

 

そうは言っても弟に付き添って眼鏡店に行って、ついでに自分の眼鏡もクリーニングしてもらったり、コンビニでお弁当買って帰って、午後はひたすら壁紙製作をしてました。

 

デスクトップ用、タブレット用、スマホ用、一応どれも入れたつもりですが、なにしろ種類が多くてわけがわかりません (ーー;) 使ってくださる方に適当に調整してもらうしかないかなあ、と思っております。需要があるかどうかはわかりませんが… (^_^;)

 

このあとはイベント用のページを作る予定です。なんとか4月頭には更新出来そうでよかった (^_^)

 

 

 

やりたいことをずっと続けるために…

 


サイトにしろ、ブログにしろ、長く続けるということは、やっぱりそれだけ自己肯定感の形成というか、それを強固なものにするのにとても役立つと思っています。

 

まわりの人たちがどんどん続けられなくなってやめてしまわれると、続けられる自分は貴重な存在かもしれない、とかふと思ってしまうでしょ? (^_^;) 実際にもしも才能があるとするなら「続けられること自体」が才能なのかもしれませんね。

 

で、長くやっていると、もともと好きでやっていることだから、どんどん自分なりの価値観も確実なものになっていくし、まわりの声も本当に気にならなくなってきます。そしてあれこれうるさくいわれることもないですし…。(いや、もともと言われたことはないですが)好きにやっていいんだ、ってことで、ますます自由度が増す次第。

 

これからも自分のペースでずーっと続けていきたいと思います。


そのためにだったら努力が出来るなあ、と思う。お絵描き環境整備のために、それなりの費用もかかりますし、だから仕事はやはり必要だと思うし…。

 

ホントに私は子供のころから、ただ「ずっと絵を描き続けられること」を人生の第一の目標に置いているから、まず選択の第一条件がそれなんですね。そのための就職、そのための進路。(プロ志望じゃないからなんでもよかった)呆れるほどブレない奴だと思います (ーー;)

 

 

 

不器用にならないために 手すさびの折り紙


なかなか暇がなくて、ここから先の凝ったものに進めないんですが、「私の手先が不器用なのは許せない」というので、リハビリとも違いますが、とにかく訓練はしようと思って…。ユニット折り紙。これもお絵描きを続けるためです。

 

f:id:haruusagi_kyo:20170328094010j:plain

 


リーマスを飲み始めたころ、やはり手の震えはあって、これはまずい、と恐怖を感じて、あれこれと試みていたら、効果があったのか、もしくは薬に慣れたのかわかりませんが、震えは止まっています。

 

もっとも字は下手なのがますます下手になりましたが、字は読めればいいからさあ、と思って、昨日も弟の顧客表を代筆してきましたし、家族3人ぶんの書類のサインは全部私がやっています。

 

右手は震えてもたいしたことないからいいわ。でも左は絶対に震えて欲しくないですし。まあ、そのためにIllstratorの線画なんですけどね。目が悪くなってもモニタで拡大すればいいし…。

 

もうあの精密なペン画は今は描けないでしょうが、そのかわりにフォローしてくれるデジタルを使えるのがありがたいなあ、と思います。

 

白のラインがポイントだからメリハリのある配色の方が向いてるね。早く30枚くらい使ったものを作りたいですね (^_^;)
時間がないのが辛いところですが…。

 

 

f:id:haruusagi_kyo:20170328094028j:plain