読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つれづれ日記ー逝春抄ー

お絵描きと介護で多忙な日々 双極性2型障害と気長に共生中

エッセイ漫画っていい手法だけど、今の私には無理だなあ…

 

今の世の中を見ると…

 

このごろAmazonを見てもpixivを見ても、エッセイ漫画が大人気のようです。

 

それこそ介護から精神疾患を初めとする闘病記から、もっと趣味的、文化的な

ジャンルに至るまで…。

 

確かに人目を惹きやすく、普段は興味があまりないジャンルでも

なんとなく読まされる強みがありますね。

 

で、うつの時でも読める気軽さのようなものもあるし…。

まあ、いい方法だと思います。

 

私も好きで、いろいろと楽しんで読んでいますが…。

自分も漫画で描けば、もっと多くの人に読んでもらえる可能性はあるよなあ…、

と実は思います。

 

 

いい手段であるのは確かなんだけど…

 


でも「漫画を描く」という行為は半端じゃないエネルギーを必要とするので、
そこまでの気力がない私には無理じゃないかなあ、と思えます。

 

過去にストーリー漫画を描いてた時でも1作に80ページとかになると

1〜2年は軽ーくかかりました。

 

あ、仕事しながらでしたけど…。

土日もどこにも行かずにひたすら原稿描いてたもんな〜 (ーー;)

 

あの時は少なくとも働けていたんだから、それなりの集中力はあったんだと思います。


…けど、今は無理だなあ…。文章を描くほうが楽ですね。
12年も続いているんだから、楽だし、楽しかったんだと思います。

 

漫画だと私は遅筆だから頻繁に更新は無理だと思います (ーー;)

 

 


「自分」を描くのはとても苦手、という弱点

 


あ、それと、一番抵抗があるのは「自分を描くこと」かもしれません。

 

描いていて楽しいのは「綺麗なもの」「可愛いもの」なので、自分を描くのは

あきらかに楽しくないです。

 

アイコンに使っているうさぎくらいのキャラがせいぜいじゃないかと思います。

頭の中ではよくコマ割りした漫画の形のイメージが浮かぶんですが、

それをちゃんと描く余力が今はないみたいです。

 

介護にしろ病気にしろ、ネタはたくさんありますが…描き手としての

私が駄目なんですね。

 

うーん…。仕方がないけど、ちょっと残念かもしれません。
いつか余力が出来たら描きたいですねえ… (^_^;)

 

今日はあんまり元気じゃなくて、短めです、すみません。

 

 

昔、人さまのサイトで描かせてもらったアナログ原稿を持ってきました。
もう20年くらい前の作品です。まったくのアナログペン画作品です。

 

f:id:haruusagi_kyo:20170323090815j:plain

 

f:id:haruusagi_kyo:20170323090827j:plain

 

f:id:haruusagi_kyo:20170323090835j:plain

 

f:id:haruusagi_kyo:20170323090845j:plain

 

 

詳細はこちらのサイトの「斎宮物語」のページをご覧くださいませ (^_^;)

 

XIANGの歴史マンガのページ

 

もう10年以上更新されていませんが…。