読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つれづれ日記ー逝春抄ー

お絵描きと介護で多忙な日々 双極性2型障害と気長に共生中

伝えたいことが、伝えたい相手に、なかなかスムーズに伝わらない

 

このところ、とりわけここ数日、いろいろなジャンルで、
「伝えたいことが、伝えたい相手に、なかなかスムーズに伝わらない」
という現象(?)が多くて、かなりジレンマがひどく、
ちょっと参ったなあ、と感じていたりします。

 


なんでかなあ?私の文章が下手だから?

 

もしくはブログが弱小ブログだから?

 

Twitterのフォロワーさんもそんなに多いわけじゃないから?

 

…まあ、そのへんは全部あると思いますが…。

 


伝えたい相手がピンポイントであることも関係しているかな?

 

 

検索すればわかることもありますが、(たとえば訪問看護のことも)
でも私がリアルに体験しているほどの詳しさではないと思いますし。
そもそも「精神科の訪問看護」の存在自体を知らない人も多いんです。

 

でも、費用の関係でそれまで受けていたカウンセリングが受けられなくなって
症状が悪化した、という話を聞くと、そういう人には一時的でも役立てて欲しいと
やっぱり思ってしまうんですが、スムーズにはいかないですよね…。

 

まずはこういうものがあります、ということから知ってもらう必要があるから…。

 

別に私の名前を出す必要もないし、許可さえもらえばコピペでもかまわないのです。
伝えたい人に伝える目的さえかなえば…。
(でも文責があるから名前は必要かもしれないけど…)

 

 

どうして私の言葉はちゃんと届かないんだろう?とか
どこがどう間違っているのかな?とか考えていたから、昨夜はなかなか
眠ることが出来ませんでした。

 

万人に受けるようなテーマや文章を書いていないのは確かですけど…。

 

難しいね。

 


いろいろ悩んでしまって、無力感を抱いてしまったので、
今日は大人しくしていると思います。

 

 

 

f:id:haruusagi_kyo:20170320093822j:plain