読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つれづれ日記ー逝春抄ー

お絵描きと介護で多忙な日々 双極性2型障害と気長に共生中

嚥下機能を取り戻すための努力の現場

つれづれに思うこと 大事なこと言いたい 介護

 

Facebookで教えていただいた番組です。

 

プロフェッショナル 仕事の流儀食べる喜びをあきらめない~看護師・小山珠美

 

video.search.yahoo.co.jp


私はテレビを見ないので(まずテレビがないし)知りませんでしたが、
去年放送されていたようです。

 

嚥下障害に真剣に取り組んでいる看護師さんのお仕事です。

 

「自分で口から食べる」ということの大切さを痛感させられる内容です。

口から食べることで、回復も早くなるということ、非常に意義あると思いました。

こういうことが出来る看護師さんには各病院に2、3名くらいいて欲しいと願います。

 


いまさら遅いですが、父も脳梗塞でしたから、早期的にこういうリハビリが出来たなら
もっと嚥下機能は回復していたかもしれません。

 

母にも思い出して、食べることに意欲的になって欲しいと願っています。

平穏死だの安楽死だのが話題に上る以前に、こういう試みはなされていないと
いけないと思います。

 

それをやらないで、安易に語ってしまうのは現状を知らないたわごとに
過ぎないと思うこともあります。

 

両親の胃ろうと嚥下にまつまわる状況を見てきた私には「口から食べること」の

ありがたさが心から身にしみます。

 

だから摂食障害になることもないでしょう。
あ、でもストレスたまると若干過食になりそうな時はあります。
そして作るのは嫌いですが。


病気でも障害でもなんでもそうですが、普段は普通に出来過ぎて気付かない
「あたりまえのありがたさ」って一杯あるよね。

 

それを忘れないようにしないといけないと思います。

 

 

f:id:haruusagi_kyo:20170207120816j:plain