読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つれづれ日記ー逝春抄ー

お絵描きと介護で多忙な日々 双極性2型障害と気長に共生中

母の介護はまだまだ継続中ですし…私はどうして頑張れるんだろう?

つれづれに思うこと 介護 双極性2型 精神疾患 心について

 

まともな会話が成立した

 

母のところに行ってきました。

 

半月くらい間が空いたからか、自室にいたからか、今日は「帰り」とは言いませんでした。

 

やはり寝ているほうが楽なのかなあ、と思いつつ、カンファレンスの少し前まで近況報告をして、母も頭がクリアになっていたので、まともな会話が出来ました。

 

今日は入浴日なので、気持ちいいかも…。「また来るし」と言って、部屋を出ても非常に暖かいので、私もうとうとしていた母につられて眠くなり、あやうくまた廊下のベンチで昼寝するところでした。

 

実は今朝は先にお稲荷さんに寄ろうかと考えて、 お供えのお菓子まで持っていったんですが、やっぱり人が多そうだし、時間がかかると無理っぽいと諦めた次第です (ーー;)

 

 


で、11時からカンファレンス

 

自室にいた時に皮膚科の先生と看護師さんが褥瘡の処置に来られていて、どこかと思ったら、ちょうどウエストあたりでした。ほとんど治っていましたが。寝たきりの場合、仙骨というか、腰の辺が褥瘡になりやすいのですが、「おかしな場所やねえ」と言ってたら、どうもリクライニング車椅子のクッションがわりと硬くてそのせいではないかとのことです。

 

車椅子で食堂にいるのは気晴らしになるのですが、そういう弊害があったのか…。

 

それで入所当時は便秘で困っていたのに、最近は下痢をしやすくなっていて、それを薬で調節しているとのことでした。食事はほぼ全部食べるのに、吸収しにくくなっているようで、栄養補助食かジュースなどを加えようと思っています、とのことでした。あんまりお茶を飲まないから尿量も減っているらしいです。

 

困るねえ…。母も緑茶が大好きなんですが、冷たい緑茶にとろみがついたら美味しくないだろうか??次は紙パックの緑茶を探してみようかなあ。

 

時々、家に帰りたいとも言うらしいので、それも困りますが…。家で看るのは限界があるし、私は家事も収入のことも考えなくてはいけないし、自分が病気では駄目なくらいにいろいろ課題があるんですが…。神様、まだ続きますか?というくらいです。

 

 

私の方がしんどそうだと言われる

 

ケアマネさんに「娘さんの方が具合が悪そうですが、大丈夫ですか?」と言われてしまいました。

 

あ、それ自覚はあります。鏡を見なくても眼がげっそり落ちくぼんでるのがわかりますし、机の前、Macの前、背もたれつきのイスに座っていたらいいんですが、もたれられない椅子だと10分も座っていられないのです、しんどくて。

 

昨日もベッドに腰掛けて本を読んでいたら10分が限度でそのまま横に倒れてしまいました。

 

わりと気力で持ってる??と、自分でも思います。負けず嫌いな性分と自律心あたりでなんとか支えているのかもしれませんです。まあ、夏場のあの鉛のような疲労倦怠感を思えば、少しは現在はましですが、なにしろ続かないのですよね… (*-д-)-з

 

本当に腕で支えてなんとか元気なのはMacの前だけだなあ。このごろタブレットも重いから、あんまり触っていませんし…。よくもってるな、と自分でも思います。

 

「ご自分を大事にしてくださいね」とケアマネさんにも言われました。

明日も忙しいので今夜は早めに寝ようと思います (^_^;)

 

 

f:id:haruusagi_kyo:20161214145510j:plain