読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つれづれ日記ー逝春抄ー

お絵描きと介護で多忙な日々 双極性2型障害と気長に共生中

HSPでも発達障害でも精神疾患でもそれぞれが脳の個性だと思っている

 

本日の雑記

 

なんか微妙に脳が酸欠っぽく感じます。イライラもあるし、ちょっと軽い混合状態っぽい感じかもしれません。ご飯のおかずをなけなしの食材で一品だけ作って、嫌になって投げ出してしまいました。もうあとはふりかけとかそういうのでなんとか食べてもらおう。母の所に行けてないから、買物も行けてないということなのです。ホントに何にもない (ーー;) お金があったらたまに外食してみたい… (/_;)

 

「まあ、それでもなんとか生活出来ているから充分ですよね」と、昨日、訪問看護師さんに言われたところをみると、他の患者さんはきっともっと悲惨な状況の方が多いんでしょうね。なんだか想像出来てしまう… (/_;)

 


それでもって、Macの前に座ると、土曜日はアンケートがいっぱい来ていて、それに一通り答えるだけで(パンをかじりつつですが)1時間近くかかってしまいました (ーー;) アンケートというのはお小遣い程度にしかなりませんが、それでもないよりはマシだと思って、せっせとAmazonのギフト券などをためて本を買ったりしています。

 

あと、今日はお昼前にヘルパーさんが来られます。あ、そのために朝から部屋の掃除機をかけたりしてたんだ。そういうことしてるからもう嫌になっております (ーー;)

 

昨日は年賀状の裏面の印刷が出来たので、宛名の印刷が出来れば15日投函でも可能かな?とは思います。ひとつずつ片づくところから片づけて行きたいですね。14日は母のところで、年内にお稲荷さんも行けたら行きたいです。正月に行こうとかいう無謀なことは考えません (ーー;) ご挨拶だしね。

 

 

 

HSPでもいいじゃないか

 

昨日、なにやら検索の途中でHSPに関するサイトを見つけたので、役に立つかな?と思いつつ、募集されていたアンケートに答えてきました。

 

ホーム - HSP・エンパス研究所 ー敏感なあなたのための情報サイトー

 

真面目に答えていたら、かなり長くなってしまって、ブログからは遅れなくて、仕方がないから、アメブロの会員登録をして、メッセージで送りました。

 

別にアメブロを使うつもりはありませんが、仕事で使われているユーザーさんが多いから、問い合わせがあってもわかりやすいかもしれない、とは思いましたけども…。昨日ざっとテンプレートだけは見てきました。そんなに複雑なカスタマイズはどのみち無理だと思いますが…。どちらかというとはてなのカスタマイズの方がややこしい気がします。

 


私は本当に生まれつきのHSPですが、それゆえに自分なりにいろんな工夫をして、少しでも生きやすく感じるようになってきたなあ、とは思います。5〜60年前にそういうカテゴライズは存在しなかったから…。当時から同じような子はいたと思います。子供時代に自家中毒起こすような子はやっぱりそうじゃないかなあ、私も含めて。

 

全身のアンテナの感度が良すぎて、本来は拾わなくてもいいものまで拾っちゃうんですよね。それが溜まりすぎると肉体的な病気になってダウンしてしまうという… (ーー;)

 

でも私自身はこれがマイナス要素だと思ったことないなあ。むしろ好きな部分ではありました。この特質をアートやカウンセリング方面に生かしたいと思える人には才能だと思います。(でも疲れやすさは変わりませんが)

 

 

 

「脳の個性」を生かせる時代がきて欲しい

 

HSP発達障害の人ともどこか似た部分があるので、ものすごくおおざっぱに「脳の個性」と言っちゃったら駄目かなあ、と思ったりします。まあ個性があるし、「取扱注意」ではあるけれども、上手く引き出せばとても役に立つかもしれないし…。というか、普通の人よりは優れたところがあると思うので、それをいかに生かすか?ですよね。

 

世の中は本当に使い方や生かし方がわからないばかりに、いかに多くの人材を無駄にしているんだかと思うわ (-_-メ)

 

誰でももっと「人の役に立ちたい」と思っているけど、ただ非常に疲れやすくて、吸収率が良すぎるスポンジなので、早めに休養とメンテナンスが必要。だから社会にもっと多様な働き方があればもっと生かると思います。

 

もっと短い労働時間で、もっと自由な場所で…とかいうと、在宅での仕事がメインになってしまうのが現状ですが、でも本当に社会全体としてそういう方向に行って欲しいとは思っています。これだけネットが発達すると、家で出来ることも多いと思うし…。

 

自然の多い土地で夫婦で子育てなんかも出来たりするんじゃないかと…。介護しながら、高齢になっても出来ることがあるんじゃないかと思ってしまいます。空き時間に散歩したり、家庭菜園やったり、地域のお祭りに参加したりとか…。そういう自由度のある生活が可能にならないかなあ。

 

 

…あ、すみません。書きながらドリームに走ってしまいました。いつもはご飯を食べている時にこういう妄想が浮かぶんですが、今日はいまだった (^_^;)

 

仕事が入らなければお絵描きの続きをやりたいと思います。

 

 

f:id:haruusagi_kyo:20161210110141j:plain