読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つれづれ日記ー逝春抄ー

お絵描きと介護で多忙な日々 双極性2型障害と気長に共生中

良縁&悪縁ー人と人のあいだには不思議な関係がある

つれづれに思うこと 京都 ちょっとスピリチュアル 日記

 

疲労感が強い日

 

ひさびさにMacの電源も落としまして、電気メーターの交換も終わったみたいです。着々と進んでるなあ…。来週の14日月曜日はなんとなくパニックしてそうな予感がするし… (^_^;) うまく接続設定が済みますように願っております。


昨日は母のところに行っただけなのに、今朝は辛くてなかなか起きられませんでした。これしきのことでいけないなあ…。あ、でも昨日の午後は仕事もしていて、おかげさまでスムーズに納品まで済みましたが。

 

寒くなると気軽にそのへんで横になるのが無理なので、どこかにしわ寄せが来るのかな?とも思います。今日は午後はマッサージの先生が来られますけどね。

 

 

 

ブログに書いた困りごと

 

そういえば、少し前に「リサイクルショップを名乗る電話があちこちからほとんど毎日かかってきて困っている」と書いたことがあると思うのですが、不思議なタイミングでそれをブログに書いた途端にその日から電話がかからなくなりました (^_^;) 別に業者の人が見ているわけじゃないと思うんだけど。もしかして「かけるな」という想念が飛んでいくのかな?と思ってしまうくらい。

 

似たようなことは前にもありましたね。1年くらい前かな?もと菩提寺から、墓じまい云々で電話があって、書類を送るという話で、そう言われてもこちらにはお金がないですし、もしもなにか言われたら、市の無料法律相談にお願いしよう、と簡単な家系図まで作って用意していたら、結局、いままでたってもなにも連絡が来ないのですね。来ない限りは私もスルーするぞ、と思っていますし。

 

なにか不思議な縁切りみたいな力が働いている?とかいう想像をしてしまったりもします (^_^;)

 

 


連想ゲームのように…

 

それで思い出しました。

 

そのもと菩提寺のわりと近くに、京都では縁切りで有名なところがあるんですよね。安井金比羅宮というところです。お寺から近いけど、大通りを挟んでいるから私は行ったことがありませんが。

 

find-travel.jp

 

matome.naver.jp

ここの体験談が凄すぎる。

 

f:id:haruusagi_kyo:20161110102713p:plain

f:id:haruusagi_kyo:20161110102731p:plain

f:id:haruusagi_kyo:20161110102747p:plain

f:id:haruusagi_kyo:20161110102800p:plain

f:id:haruusagi_kyo:20161110102817p:plain

※リンク先に飛べなくてキャプチャーですみません(>_<)

 

…まあ…、ここのご祭神は崇徳上皇、半端じゃない恨みを呑んで死んだ人なので、私からすると、自分がひどい目に遇って、辛い生涯を送ったのに、他人を幸福にする義理はない、と言われてもおかしくない気がします。どこまでも人間的なイメージ。

 

まあ、たまに気まぐれとかあるかもしれませんが「よし、こっちの縁は切ってやる。そのかわりにこっちの縁で修業しろ」とか言われてそうで、ここで祈願するなら人生が180度転換してもいいくらいの覚悟がないと駄目だろうな、と思ったことでした。

 

私の場合はここでお願いしなくてもすんでるくらいだし、おそらく一生ご縁がない神社かもしれないと思っております。

 

 

 

とても人間的なものを感じる神社

 

京都にはこういう御霊神社がわりとあって、実は私が生まれたところの氏神さまは下御霊神社だったのですが、子供心に馴染めない神様で、護王神社ばかりで遊んでました。

 

shimogoryo.main.jp

www.gooujinja.or.jp

 

成長してから下御霊神社のいわれを知って、ああ、なるほど、と思いました。子供ってなんか感じてるんですよね。「おいでおいで」と快く受け入れてくれるところとそうじゃないところと。

 

「もと人間」の神さまってやっぱりどこまでいっても人間らしい気がします。とりわけ御霊はね…。だからあんまり無理なお願いはしたくないですね。…そういうのが私のスタンスかもしれません。

 

 

 

f:id:haruusagi_kyo:20161110103129j:plain

 

観光案内みたいになりました (^_^;) まあ、秋の京都へお越しの際はお立ちよりください (^_^;) ただし安井金毘羅宮への祈願はよーく考えてからにしてくださいね。