つれづれ日記ー逝春抄ー

お絵描きと介護で多忙な日々 双極性2型障害と気長に共生中

本当にやりたいことをやるために家事雑用は効率よく片付ける

 

左手の指が痺れて気持ちが悪い…。

左だからペンタブ使い過ぎの影響もなきにしもあらずだけど…。

 

マッサージの時でも手首より上が凝ってたから、おそらくその影響だろうけど…。
ひどくなったら、脳の方とか首とか疑わないといけないかな?と思って

様子見中です。

あんまりひどくはならないな。これは腕からかな。

看護師さんに相談してみよう。

 

 

 

今日は訪問看護の日です。

弟の看護師さんはお昼前に、私の看護師さんはだいたい2時半頃に来られます。

で、弟が「片頭痛があるから、今日は休みにしてもらって寝ていたい」と

言います。
「…まあいいけど、だったら担当の看護師さんに前もって電話連絡しときなさいよ」

でないと看護師さんが無駄足になるし。

本当は顔くらい見てもらってもいいかも
しれないけど、どのみち私から今日中に伝えられることは伝わるし。

予定が変わるなら他の患者さんにも影響あるしなあ、ということで、

名刺を渡されて結局私が電話したんですけど…(ーー;)

こういうこと意外と気が回らない感があるのは男だからか、もしくは

きょうだいの下だからか?…よくわかりませんが…。

 

 

ふと気づいたら私っていつも効率を考えて生きて来た気がします。

 

たとえば今日は3つのお店に行く用事があるとします。

店の方角と距離、開店時間や混み具合、荷物の内容や重さなどなど、

あらゆることを考えて、どの順番に回るのが一番無駄なく回れるか?

…というの、やりますよね?みなさん。

 

こういうことを生活のすべてのことにたいして無意識にやってるみたいです。

やかんにお茶を沸かす間に幾つかの家事を並行してこなせますよね。

どういうこととか、どういう順序で洗濯すれば無駄なく効率良くこなせるか?

とかね。

 

効率よくこなして得するものは結局は私の場合は「好きなことをする時間」

なのですね。

昔からずっとそうですね。

 

時間を好きに使えるようにするために一度にまとめて家事雑用を片付ける。
そうするのが自分には楽な気がするから…。気分的にはいつも忙しいのですが、
「追われている」という気がしないのが気に入っています(^_^;)

 

来週も効率よく用事をすませるために、弟が病院に行っているあいだに

隣の役所で手続きをまとめて済ませてくる予定です。

これは交通費の節約にもなりますし。

 

自分が本当にやりたいことはのた〜っという感じでゆったりやりたいのです(^_^;)
贅沢だなあ…(^^)

 

f:id:haruusagi_kyo:20161028114701j:plain

 

時々加速装置が欲しいよね(^_^;)