つれづれ日記ー逝春抄ー

お絵描きと介護で多忙な日々 双極性2型障害と気長に共生中

ジェットコースターな日々から クリニック受診

 

 

下書きは26日ですが、なんだか更新する気分にならなくて、予約投稿しておきます。
だからまだ頭痛が治っていない可能性もありますが… (^_^;)

 

クリニック受診のもろもろ

 

昨日は、もう本当に頭痛が治らず薬も効かずだったので、なんとか受診はしたし、帰宅後にコンビニで展示会用の荷物を送れたし、週末に送っておいたロゴの仕事は「29日にある会議に出しますね」というメールが来ていたので、ちょっとホッとして、…寝てました… …zzZZZzzzzZZ… 治らない頭痛も寝れば治ることもあるし…。おかげさまで若干マシにはなりました (^_^;)

 

ジェットコースターのように目まぐるしく上下動する気分のことも先生には言いましたが、特になんということもなく、まあ、薬もいつもの通りです。先月の採血の結果、GOP、GPTが少しだけ高めでしたが、γ-GTPは正常だったから気にしない。どのみち毎晩1杯だけ飲んでいるゆず酒のオンザロックをやめるつもりはありませんし、これから寒くなると余計に足先を暖めるものが必要になるけど(足温器はあるけど)、まあいいや、気にしなーい (^_^)

 

尿酸値はちょっと高めだけど、血糖値やHb-a1cは正常なのはいつも母に羨ましいと言われたから父に似ているのかもしれません。体質的に肌が弱いとことかも祖母や父に似てますが、そうするとわりとガンになりにくい方かもしれません。まあ、なんでもいいや。

 

個人的にはいまの持病、主に双極性2型障害に伴う疲労倦怠感を初めとする自律神経的症状が辛いと感じるから、他には特に気にしていません。

 

弟の貧血も正常に戻ってバンザイ。次回病院受診のあとは、クリニックでもビタミン剤は処方してもらえるようです。葉酸も。病院行かなくて済むなら私はありがたいです (^_^;)

 

 

待合室で自分の仕事に再会 (^_^;)

 

そういえば待合室の掲示板に私がこの前やったチラシが張ってありました。あ、そうか、あれって10月8日とかあったよな、と思いつつ、先生に報告すると、受付に「剥がせるか?」と聞いてくださったんですが、生憎一枚しかなかったみたいで、患者さん優先です (^_^;)

 

インスタントで作った展示会のちらしも一枚渡して来ました。このあいだマッサージの先生にも渡したら、「レセプト終わったら行けると思います」とのことでした。で、今日はマッサージ用の書類もお願いしてきて、私のまわりの世界って広いのか狭いのかよくわからないけど、面白いなあ、と感じておりました。

 

一度、区役所…いや、市役所の方が早いかもしれないな。電話で「こぼれてる仕事はありませんか?」と聞いて見てもいいかもしれません。

 

 

年金受給資格10年に…

 

これも通ったな。やれやれ。

 

headlines.yahoo.co.jp

 

私、ちょうど12カ月分足りなかったので、これで資格が出来て気持ちだけはちょっとほっとしました。12カ月分といっても20万円近いので、バカにならない金額で様子見してました (ーー;)

 

 


「インド夫婦茶碗

 

このところのはまりもの (^_^;)

 

 

 

 

f:id:haruusagi_kyo:20160927104150p:plain

 

Kindle unlimitedの読み放題で、「昭和のこども」がなつかしく面白かったので、同じ流水りんこさんのエッセイコミックの「インド夫婦茶碗を読み始めたら、これも面白いのに、無料では8巻までしか読めない (ーー;) 続きが読みたい。全部揃えるのは高い。そうしたらヤフオクで出品されているのを見つけて安価で購入 (^_^) それでもまだ4冊ほど足りなくて、それは仕様がないから新刊で購入しました。

 

タイトル通りに国際結婚カップルの主に日本での生活を描いたエッセイコミックです。年の3/4は漫画家の仕事をし、残り1/4はインドを一人旅していたリンコさんが、なぜか知りあったインドの青年サッシーと結婚。生活は日本で、時々南インドに里帰り。二人の子供が生まれて成長し、今まだ数冊残っているけど、成人までは無理としても日々描かれております。結構笑えるし… (^_^;)

 

なんというか人さまのお子さんでもずーっと続けて見ていると、「親戚の子供」っていう気がしてくるもんですね。築47年の古い家を建て替えるための引っ越し、インドの義母さんの死、サッシーさんの病気と入院手術などなど。本当に厄年みたいに悪いことが重なる時ってありますよね。なーんかすごい実感があるなあ…。

 

もっとも悪いことばかりではなくて、胃を半分切除したから痩せたサッシーさんだけど、お店はすごく順調みたいで、検索するとファンを一杯見つけました。近ければ食べに行きたいところです。

 

KERALA BHAVAN (ケララ バワン)

keralabhavan / ケララバワン

 

リンコさんの漫画を読んで遠くからこられるファンも多いみたいですが、純粋にインド料理の好きな人にもファンが多いようです。

 

それでも長く日本で暮らしているからか、インドの水で下痢をするようになってしまった、というのは人間の適応力のすごさかなあ、と思いました。

 

噂ですが、長男のアシタくんは現在京都で大学生活満喫中とか…ホント??? (^_^;)

 

f:id:haruusagi_kyo:20160926182958j:plain

 

 

なーんか思い出すわ~。小児科勤務の頃にやはり日印ハーフのお子さん、Mくんがよく患者さんで来ていて、そのお父さんのDさんにもお会いしたことがありまして、やはりインド料理の店を経営されてました。日本語ペラペラ。Mくんもいまごろは30代の働き盛りだなあ。立派な大人で頑張ってるかなあ…? (^_^;)