つれづれ日記ー逝春抄ー

お絵描きと介護で多忙な日々 双極性2型障害と気長に共生中

ちょっとお祭り前の気分を思い出しております (^_^;)

 

なにもない時にはなにもなくて暇ですが、突然に重なる時には重なるもので、昨日に続いて忙しかったですが、雑用はまだまだあるけど、ちょっと一段落…かな?

 

昨日はマッサージとかもあったけど、仕事の納品も済んで、終日ばたばたしていましたが、忙しくてSNSとかブログとか覗いている暇がほとんどありませんでした。まだ書けただけましかとは思いますが…。

 

あとで反動が来るのはわかっていても、急ぎの用事で、しかも好きなことだから、つい夢中になってしまいました (^_^;) 好きなことをしていても疲れるのはちょっと理不尽な気もしますが、仕方がありませんね。

 

 

 

それにしても、同人活動をしている人たちは時間に追われてどうして作品が描けるんだろうか?プロの漫画家さんとか小説家さんなら、日頃の慣れがあるかもしれませんが…。

 

私はずーっとマイペースでしか漫画が描けなくて、イベント合わせの印刷納品とかはやったことがありませんでした。むしろ繁忙期を避けて、印刷屋さんに余裕がある時を狙って発注していたような…。人間、慌てるとろくなことないですしね。精神的にパニックを起こしやすい私はそういうのは全部避けたいと願っていましたし…。

 

ブームに山がある二次創作と違って、オリジナルは「旬を逃す」こともありませんし…。昔からずっとどこまで行ってもマイペースな自分を思い知らされます (^_^;)

 

 

 

内容のない記事で申し訳ありません。展示会の搬入がきちんとすむまで落ち着かないし、用事はあるかもしれません。

 

 

f:id:haruusagi_kyo:20160916110103j:plain