読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つれづれ日記ー逝春抄ー

お絵描きと介護で多忙な日々 双極性2型障害と気長に共生中

双極性障害の人間には辛い時期のようです

つれづれに思うこと 双極性2型 精神疾患

 

しばらく前からグズグズ言っている私ですが、昨夜は寝ても起きててもなんだかとても辛い、と感じるようになってしまって、どうせ起きていてもなにも出来ないし、諦めてさっさと寝てしまおう、と横になりました。

 

前の晩があまり眠れなくて、その反動もあったとは思いますが…。幸いにも私の不眠は長く続かなくて、昨夜は8時間くらいしっかり寝てしまいました。夜中に起きることもなかったし、もしかしたら寝返りもしてなかったかもしれません。寝る前と同じポーズで起きたし。

 

うーん…。しんどさはあるけど、気持ちの悪さは若干ましかなあ?とは思います。

 

弟のリクエストで久し振りにカレー作りました。肉じゃがのつもりがカレーの方がいいらしい。弟も食欲が出てきた感じですね。食欲ダウンすると油を使ったものは欲しくなくなるからなあ…。

 

 

 


この時期、同じ双極性障害の人は申し合わせたみたいにみなさん調子が悪いようです。夏の猛暑と、続けざまで押し寄せた台風などの影響もあるのかもしれません。

 

普段は健康体の人でも、地味に自律神経にくるらしいです。だから我々はさらに極端にそういうものの影響を受けている可能性が高いです。

 

自律神経だって意識しているわけではないんです。むしろいつものことだから多少の変化くらいは忘れているとか、あんまり気にしないのが普通になっているけど、どーっとまとめて不調になると、我々の場合はしんどさのあまりに「もうやだ。死にたい」と思ってしまうから難儀です。

 

そういう状態の同病の人が今すごく多いです。お互いに慰め合うくらいしかどうしようもない状態?かな?

 

 


季節の変わり目は健常者の人でも調子が狂いやすいので、要注意ですが、病人は輪をかけて要注意かもしれません。亡き父などは初夏がウィークポイントでしたし…。母も初夏から夏が要注意かなあ…。

 

春や秋は季節的にもちょうどいいから、どこかに行きたくなるのですが、身体の方は全然ダメで、行きたい気持ちにつき合ってくれませんね〜 (ーー;)

 

私も5月に30年ぶりに行きたいところに行けた、と喜んでいましたが、あとが続きません (ーー;) 今も行きたいところはあるんですよ。でも身体がついてきてくれないんですね(>_<) さすがにもう旅行とかは無理か、と諦めの境地ですが、京都市内で行けるところには行きたいなあ、と思うんだけど…。

 

 

f:id:haruusagi_kyo:20160911101109j:plain