つれづれ日記ー逝春抄ー

お絵描きと介護で多忙な日々 双極性2型障害と気長に共生中

軽躁状態でもないお金は使えない

 

動くのが非常に辛い本日

 

今朝は起きるのが相当辛くて、やっと起き上がれたのが7時半くらいだったんですが、それから無理して、ご飯を作って、さらに食材がなにもなくなったので、100円ショップに買い物に行って、その途中でも眩暈のような気分の悪さはあるし、いまごろ夏バテみたいなのが来てるのかなあ?と思いました(ーー;)

 

頑張って行ってもたいした食材もなかったし、そういえば母のところに行ってから1週間経つんですが(1週間早すぎる)また行ける日があれば行って、ついでに買い物をしてきたいと考えています。

 

今月いつもよりお金がないのはなぜだろう?? 特養の費用がいくら上がったのかわからなくて、いつもより多めに口座に残してあるからかなあ…。(引き落としなので)でも先月分はその見通しよりも低かったからもうちょっとくらい使えるとは思いますが…。

 

 

躁状態で浪費をするとは限らない私

 

昨日考えてみたら、私は双極性障害のわりに、「感覚がおかしくなって(麻痺して?)お金を使ってしまう」という経験はないんですよね。我が家の全体の経済状況を把握していて、個人的に大きな買い物をしたい時は何年も前からこつこつと貯金するとか(それこそMac貯金みたいに)、ものすごく大雑把ではあるけど、家計簿もつけていて、おおまかな収入と支出との詳細は大体わかってるとか…。もちろん、クレジットカードの支払額もちゃんとわかっております。

 

いっぱい貯金があるわけでもなくて、それを使ってしまったら一番欲しいものが買えなくなる、と思ったら、そういうことは出来なくなります。

 

いま、浴槽のホーローのコーティングを直したいとか、階段の手すりが欲しいとか、10枚以上残っている不要な布団類の処分をしたいとか、そういうことも考えるととてもじゃないけど無駄遣いはできないです。

 

「築50年以上の老朽家屋のメンテナンス」や「家電が壊れた時の買い替え資金」とか「母の家族葬のために必要な資金」とか、きままに一人暮らしをしているのとは違うお金のやりくりが必要になってきます。

 

どうしても欲しいものは仕事して、入ったお金の一部で買うとか、そういうふうにしないとね。

 

なんだか本当にお金がないことが染み付いているのか、そして自分が苦労して稼いだという意識が強いのかわかりませんが、あんまりすぐに必要じゃないものにお金を使ってしまうことはできないみたいです。あんまり強い物欲もないのかなあ…?

 

 

軽躁の働きはやはりクリエイティブに向かう

 

私の軽躁の症状の出方は無駄遣いにはないから、だから余計に気づかれにくかったのかもしれませんね。派手にお金を使ったりすると、はたからもわかりますもんねー。

 

私の場合は創作が非常に意欲的になったりとか、創作がらみでハイテンションになったりとか、3日くらい寝ないで自分のサイトのリニューアル作業ができたりとか、そちらの方向にいっちゃうみたいです。あと、家族の非常事態に対応して軽躁になったりして、無理やりにでも動けたりするので(もちろん、全部あとで反動がきます)「ちょっと頑張ってる。頑張れてるから嬉しい」という感覚ですね。

 

これだから、8年半もずーっとうつ病だと思われてたし、自分でも思ってたんですね〜。調子が良ければ仕事や創作がはかどる、というのは長所だとしか思えなかったし…。

 

然るべき時にしっかりする、しっかり対応できる、というのも軽躁だとは思えないじゃないですか…。あれがずーっと続けばいうことないのになあ…。

 

 

 

万年エネルギー不足の現在の八つ当たり (-_-メ)

 

いま現在は自分の「気分の波」をしっかり自覚しているので、それ相応の対応で日々を送っています。

 

でもどうしたって、基本的に気力も体力も含めた「エネルギーの枯渇とか不足状態」は痛いほど感じるので、せっかく持っている豊かなエネルギーをつまらないことに無駄遣いしている人には腹立たしく感じることも多いです。特に他人に迷惑をかけたりするパターンの人は最悪だな。

 

どうせなら、もっと世のため人のためになることに使えよ!と思ってしまう次第です(ーー;)

 

 

f:id:haruusagi_kyo:20160906113932j:plain