つれづれ日記ー逝春抄ー

お絵描きと介護で多忙な日々 双極性2型障害と気長に共生中

炎上すると…人生を台無しにする危険もあるようです

 

どうもまだ体調が戻りません。なんとか起きて、100円ショップに買い物には行ってきたんですが。調子が悪いと謎の冷や汗も出てくるし…。でも冷や汗で体温調節は出来ないので、相変わらずこのごろずっと37度台前半の微熱はあります。これはもう体質だと諦めていますけど…。

 

昨日、訪問看護師さんに「行きたい所へ行けるのは、やっぱり元気が出るのでは?」と言われて、そうかもしれないなあ、と思いました。でも行きたいところは休館中だし、今年の夏は猛暑の予報だから、ひょっとしたら秋までお預けかもしれませんね。

 

母が家に居る時から「避暑に行ったと思って、エアコンつけよう。電気代がかかっても仕様がない。でないと具合が悪くなる」と言ってたくらいなので、この夏もエアコンつけっぱなしで電力&電気代の省エネ作戦でいこうと思います。

 

年中通して遮熱カーテンはとても役立ってくれています。ガラス繊維が使われているそうですが、以前やっていた「緑のカーテン」よりも省エネ効果は高いかもしれません (^_^;)

 

 

 

今朝Facebookに流れてきた記事で、「炎上」の怖い影響について書かれていたものに眼が止まりました。下手すると人生を台無しにしかねない怖さがあるんですね。ストーカー被害とも無関係ではなさそうに思います。



www.huffingtonpost.jp


自分はもちろん、家族の写真などもモザイクやぼかしを入れないで、ネットで公開するのは怖いですね。結構やっている人も多いでしょうが…。

 

Facebookは公開設定が選べるようになっていますけど、Twitterとかブログでは無理でしょうし…。ブログではグループ内のみの設定も可能ですが(これはFacebookもそうですね)より多くの人に読んでもらいたいと思うと、やっぱり基本的に全世界にオープンになっているわけですから…。日本語で書いていたら、日本語がわかる人ならどこの国の人でも読めちゃう。

 

でも私も部屋の中の写真は載せたことありますけど…。若い女性の部屋なら、これも危ないかもしれません。どこかのまとめで「自分の部屋を晒す」という記事を見たことがありますが…。ほぼ賃貸だと思いますが、ああいうのは大丈夫なんだろうか??見ているのはインテリアやDIYに興味がある人がメインでしょうけど…。

 

 

togetter.com

 

こういう技術は犯罪捜査などに役立てて欲しいと思いますが、でも妙なことに執着と執念を燃やす気力がある人もいるんだなあ、と実感します。その気力、もっと生産的なことに使ってくれればいいのに…。人様のお役に立つようなことに… (ーー;)

 

ストーカーは個人的かもしれませんが。炎上は相手が集団ですから、余計に怖いですね。避けられる危機は避けるように注意して安寧なブログライフを送りたいと思います。

 

 

私も時々ポカやるので、自戒も込めています。

みなさまもどうぞご留意を。

 

 

f:id:haruusagi_kyo:20160610110857j:plain