つれづれ日記ー逝春抄ー

お絵描きと介護で多忙な日々 双極性2型障害と気長に共生中

能力をきちんと生かすのって結構難しいと思う

 

このごろたまにいろんな人に指摘されることがあります。「あなたは眼に見えないもの、たとえば人の想念などを目に見える形にする能力がありますね」みたいなことですね。

 

想念を形にする、とか、イメージを形にするというのは創作そのものの方法のような気がしますけど…。…というか、今のところはそういう形でしか生かしきれていないようにも感じますが…。

 

もともと私は無意識のうちに自分以外の人の感情やら想念やら気分やらをキャッチしやすい人間だと思います。自律神経過敏な延長にそういうアンテナがある感じで、だから人が多いところに行くと疲労感が半端ないわけですね。

 

いままではそういうことは普通のことだと思っていましたが、どうもそれが私の特質のようです。

 

この能力的な個性も人それぞれあって、みなさん、自分が自然に、無意識にやっていることは特別なことだなんて感じていないと思うのですが、でも案外、他の人には珍しい特質であるかもしれませんよね。

 

そういうものは弱点にもなりますが、うまく生かせば長所にもなるんだろうと思います。

 

 

 

私も今のところはクライアントさんの頭の中にあるイメージを私なりに眼に見える形に再現するために役立っていると思いますが、でも、これが必ずしも収入アップにはならないところがなんともね (^_^;)

 

お客さんがのんびりした性格の方だったら、どうしてもやりとりに時間がかかることが多いですね。

 

それとリピーターさんの場合もかな。こちらは回数を重ねると、もうご希望のものが浮かびやすいから、仕事そのものは早く出来てしまうんですよね。でもそういう場合もメールのやりとりに時間がかかったりします。(ココナラだとそれが仕事期間に計上されるから嫌なんですが)OKの返事でもなかなか来ない、とか… (ーー;)

 

私が相手のことを読んでいても、相手の方は私の事情を読んでくださるわけでもないので、結局なにをしてるんだかね〜??という感じになります。

 

ひとつひとつきっちりとかたをつけていく仕事の方法というのは相手が存在する限り無理だなあ…と思いました。

 

 

仕様がないので、空き時間にちまちまと自分の作品でも進めているしかないようです。これでもお絵描きはしているんですが、なかなか進みません… (/_;)

 

 

 

お昼過ぎはマッサージ。このごろ毎日鎮痛剤を飲んでいるので、やっぱり首が張っているのかなあ、と思います。眼も両方ですね、きっと。いくらか楽になるといいなあ、と願っております。

 

f:id:haruusagi_kyo:20160519102549j:plain

ブレイン、こういうイメージも作ってみました (^_^;) 脳をイメージした素材って意外に少ない… (ーー;)