つれづれ日記ー逝春抄ー

お絵描きと介護で多忙な日々 双極性2型障害と気長に共生中

「脳」とヒトと「宇宙」と

ふと思った。

 

「ヒト」というのは自分の中の「脳」の存在に気付いた初めての動物だ。

 

もしかしたらイルカやクジラも気付いているかもしれないけど、
そこは確認出来ないので…。

 

そして「脳のはたらき」そのものを肝心の「脳」で観察することや
研究することや、面白がることが出来る唯一の「動物」かもしれない。

 

 

それから、「ヒト」は初めて「宇宙」の存在を認識した「動物」かもしれない。

 


「脳」について考える。
「宇宙」について考える。

 

とてつもなく離れた「内側」と「外側」だけど、実はどこかで繋がっていて
共通するものがあるんじゃないだろうか?

 

「ヒト」という生き物を介して。

 

 

だから脳について考える時も
宇宙について考える時も同じにワクワクドキドキするんだな、多分。

 

独特の畏怖心とともに。


…やっぱり面白いな (^_^)

 

 

f:id:haruusagi_kyo:20160204180037j:plain