つれづれ日記ー逝春抄ー

お絵描きと介護で多忙な日々 双極性2型障害と気長に共生中

アドラー心理学と私とのあまりの近さ「嫌われる勇気」

遅ればせながら、読ませていただきました。

 

昔、ユングにはそれなりの興味があって、いくらか齧ったことがあったんですが、フロイトにはなぜか関心が持てず、同時代の人であったアドラーさんに至っては、名前はもしかしたら聞いたことくらいはあったかもしれませんが、先日、ブログを読んでくださっている方々からご指摘をいただくまで、本当に未知の方だったんです。ごめんなさい。

 

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

 

 

で、昨夜寝る前に読んだおかげで、もう、なんだか動悸が鎮まらなくて眠れなくなってしまいました (ーー;) 既視感みたいなものばっかり…。この人本当に何者??…っていうか、私っていったい何者?と、いう感じ。

 

だって、ここに書かれていることって、大体9割くらい、私が常日ごろから、感じたり考えたり行動したりしていることそのままだったんですよね。びっくり Σ(゚Д゚;)! アドラーさんって何者??私の前世?とか思うくらいに。いや、それは計算が合わないからありえませんが…。

 

プロの哲学者とライターさんがきちんとまとめるとこういう解説になるんだなあ。もう、これは全編が腑に落ちるレベルです。自分が考えていることが8〜9割(私独自の思考もあるから10割とは言いません)も初読の本に書いてあるなんて、気持ち悪いというか、ものすごい不可思議な心境ですよ。動悸が止まらないわけだ。

 

しかもこれって現在ベストセラーっぽいの?ますます複雑な心境に… (ーー;) おかげで昨夜はあまり眠れませんでしたよ。こういう不可思議な気持ちになったのは初めてです。脳が明らかに衝撃を受けている。不快じゃないけど、どういうふうに処理すればいいのか迷ってる感じ。おかげで今朝も頭痛がしています。

 


私の場合、気がついたらこういう思考をしていて、自分の人生は自分が選択するのが当たり前になっていたし、人間関係も横のつながりばかりだし、自己受容はとっくに当たり前のことになってるし、初めて出会った人とでも「私はこの人に何をしてあげることが出来るだろう?」と思うのが普通になってるし…。「やらずに後悔するよりはやってから後悔しよう」というのも実行するには勇気が必要ですが、もういまさらここに来てみると、そんなにたいした勇気でもないんだよね。

 

ただ、不思議なのは哲学の「て」の字も知らない子供の頃の私が、この考え方には気付いていて、それを選択し、実行しながら生きてきたっていうことなのです。子供にもわかること、っていうのは案外ずっと古代からの真理であったかもしれませんよね (^_^;)

 

うちの両親は理想的な親でしたが、子供の自主性を信じて自由にさせてくれたというのも奇跡的な環境ではありました。もっともどういう環境に生まれ育っても、今の気質を私なりに獲得していたかもしれませんが… (^_^;)

 

内容はもう、全編いいところばかりだから、是非お読みください、としか言いようがありませんが、いくつかのセンテンスをメモしておこうかと思います。わざわざ太字になってることですし (^_^;)

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「いまのあなたが不幸なのは自らの手で『不幸であること』を選んだから」

「われわれを苦しめる劣等感は『客観的な事実』ではなく、『主観的な解釈』」

「われわれは『同じではないけれど対等』」

「誰かと競争するためではない。いまの自分よりも前に進もうとすることにこそ、価値がある」

「われわれは他者の期待を満たすために生きているのではない」

「他者の評価を気にかけず、他者から嫌われることを怖れず、承認されないかもしれないというコストを支払わない限り、自分の生き方を貫くことはできない」

「他者を信じるにあたって一切の条件をつけない」

「他者が私になにをしてくれるかではなく、わたしが他者になにを出来るかを考え、実践していきたい」

 

行動面の目標

1. 自立すること
2. 社会と調和して暮らせること

この行動を支える心理面の目標

1. 自分には能力がある、という意識
2. 人々はわたしの仲間である、という意識

 

「人生とは連続する刹那である」


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

…キリがないので、ごく一部だけ。


ホントにこれってなんなの?? もうひとりの自分に出会ったような衝撃を受けているのは確かですね。なんだかあまりにもわかりすぎる。自分のいままでの思考形態を見せられているようです (ーー;) ああ、でも私の「共同体」の概念にはこの地球や宇宙だけじゃなくて、あの世とか、そういうものも含まれるなー。

 

ああ、でもこういうことを考えているのは私だけじゃなかったんだ、というのは新鮮な驚きと歓喜でもありました。もちろんここから先には自分で行かないと行けませんけどね (^_^;) さらに確かな勇気はもらったな。ここから未来は自分で手探りしていきます。その決意は出来たかも (^_^;)

 

 


これを初めて読まれて、気持ちを変化させる勇気を持たれた方には、まあ、普通よりも多くの幸福感は間違いなしだと申し上げておきましょうか。勇気さえあれば、ですね。殻を脱ぎ捨てる勇気、価値観をひっくりかえす勇気。そんなに難しいことではないと思います。

 

子供の頃の私にすんなり理解出来ていたようなことですから…。出会うのが遅すぎたと嘆かずにすむのも嬉しいな。でもいくつになってもまだまだ間に合うと思いますよ~ (^_^) それは若い人にはとてもお勧めですけどね (^_^)

 

 

f:id:haruusagi_kyo:20151228083140j:plain