つれづれ日記ー逝春抄ー

お絵描きと介護で多忙な日々 双極性2型障害と気長に共生中

本を作るのってやっぱりわくわくしてしまう♫

このあいだ、活字の出版のことを調べていたら、もぞもぞと自分のイラスト集を作りたくなってきました。

 

すべてフルカラーの作品集ですね。なんとなく以前にも言ってたような気がするけど、TOLOTさんがまったく販売を許可するつもりがないようだというのもはっきりしたことですし (ーー;)

 

実は以前にも作ったことがあるのです。フォトブックのサービスを利用して、Maybookさんにお願いしました。ここは再現度も製本もアフターサービスもすべて素晴らしかったんですが、いかんせん、お値段がかなり高すぎまして…(^_^;) ほぼ一桁違います(ーー;)

 

www.mybook.co.jp

 

これですと、ちょっと手元に置きたいな、と思ってくださった場合でも、気軽にお分けできる価格ではありません。

 

ビューアーが開くと思います。

 

f:id:haruusagi_kyo:20151203190312p:plain

MyBook:ビューアー

 

 

f:id:haruusagi_kyo:20151203190323p:plain

 

bit.ly


もっとお手軽な値段でなんとかならないかと、このあいだから、各社のフォトブックとオンデマンド少部数の印刷会社の見積もりを黙々と計算していました。

 

フォトブックでもハードカバーにするとオンデマンドよりも高価なものになってしまうので、そこはやっぱり色の再現度にいくらかは眼をつむって、オンデマンドかな、と今のところは思っております。

 

ここではっきり決めておかないと原稿の作り方からして全然違ってしまうので、やっぱりね。

 

 


まだこれから年賀状やらもろもろありますが、来年の2月くらいになれば(もっと早いほうがいいかも)また桜Exhibitionの作品も描きたいと思いますし、まあ、年末年始はなにもしないので、じっくりと考えて原稿作るには向いてるかも…。

 

もしも本当に来春からでも仕事になるべく集中するつもりなら、いまのうち、という気持ちもありますし…。

 

 


気分的には同人誌作りのノリです (^_^;) ただあえて締め切りがないだけで…。あんまりたくさん作っても販売に困るので、本当に少部数…。趣味の延長でしかありませんが、でもこういうのってやっぱり生き甲斐にもなるんですよね〜o(^-^)o

 

公表しておくと、たぶんやめようとも思わなくなるでしょうし (^_^;)