つれづれ日記ー逝春抄ー

お絵描きと介護で多忙な日々 双極性2型障害と気長に共生中

どうなることやら…アルコール依存 (ーー;)

いまクリニックから帰ってきました。

 

昨夜のお酒が醒めたばかりだと思うのに、今朝また飲んだらしくて、
いまだに足取りが危なっかしい状態で、先生にも「酩酊しとるな」と
指摘されたくらいです。そもそも今日受診すると前もって言ってあったのに
それを忘れていたようなので、どうしようもありません。

 

で、先生とは一応相談した結果で段階的に

 

1)レグテクトの処方。ただ、すでに2、3名の患者さんが処方されているそうですが、あまり効果が出ていないそうで、ダメ元でいいです、とお願いしてきました。
2)アルコール依存症に特化した病院に入院。
3)独立して自分で生活の責任を持ってやってみる。

 

…という感じに考えているのですが、帰りのタクシーの中では独立というのが
案外乗り気だったような気もします。もちろん生活保護を受給して、ですが。

 

看護師さんに電話をしたら、午前中に顔を見に来てくださるらしいので、
本人は「ちょっと寝る」と言いましたが、まあ顔を見るだけでも…と。

 

先生には私はもうこれ以上面倒見切れない、と訴えて、
「お姉さんに見放されたらどうする?」と言われていましたが、
逆にしっかりするパターンはあり得ますね。

 

「このままだと内臓を悪くして死ぬ」と言われて「死んでもいいです」と言うので
「でも相当苦しんで死ぬ」と釘を刺しておられましたが。

 

私も両親の介護をしたけど、あんたの介護までは出来ない、と宣言してきました。

 


取りあえず、「飲むのをぴたっとやめて、お母さんの顔を見に行くこと」というのが
先生との約束です。
今の段階はそういう感じですね。

 

どういう方向に進展するかはわかりませんが…。

 

 そういえば自分の不調は一応訴えてはいますけど、なんだか有耶無耶になってしまった。
もしも訪問マッサージとか再開するなら書類は書いていただけるみたいですが…。
でも私に来ていただくと保険診療3割だから、訪問は痛いよね。
せめて通えるところがあればいいんですけどね…。保険診療で。      

 

 

※テグレクトは脳に働き掛けて、アルコールを飲みたくなくする薬です。

シアノマイドとは別種の薬なんですけどね。

 

 

f:id:haruusagi_kyo:20151026103749j:plain