つれづれ日記ー逝春抄ー

お絵描きと介護で多忙な日々 双極性2型障害と気長に共生中

気力がなければなにも出来ない現実

特養から帰宅しました。

 

帰りに郵便局とスーパーに寄ったので、それだけでも結構しんどいです (ーー;)
でも改めて出掛けるのも結構大儀に感じますしね〜 (*-д-)-з

 

 


母は元気にしていました。
食欲もあるし、よく喋るし(ただし、何を言っているのかわからない時は多いですが)
朝食もあっというまに完食してました。

 

それはいいし、私のことを「待ってた」と喜んでくれるのはいいんだけど、
またそろそろ「(家に)帰りたい」と言い出したから困ったなあ、と (ーー;)

 

「私、ご飯作れへんよ。自分たちのご飯すら悩んでるのに、こういうペースト食、
一日3回も作れない」という説明で納得はしていますが、期限は多少悪くなるね。
「もう帰り」と言われます。

 

「そのうち外泊しような」と言ってきたけど、もうホントにご飯のことを考えるのが
すごい嫌だ〜(>_<)

 

 

スーパーでなんとなく(安かったので)キャベツ1個買ったけど、仮にこれを
丸ごと炊飯器で炊いても食べ切れないよなあ、と… (ーー;)

野菜を買っても作れなければ腐らせてしまうので、悩みます。

 


私はずっと技術家庭科の成績はよかったんですが、「出来る」ことと「やる気がある」
こととはかなり違いますね。成績なんかどうでもよくて、「好きでやりたい」に
勝るものはなし。生活に必要な知識として技術家庭科を学ぶ意義はあると思うけど、
成績はホントにどうでもいいと思うなあ。

 

もう、最大の課題は気力ですね。私の気力は全然そちらの方には向きません。
洗濯は毎日やってるし、掃除も限られた範囲だけはやってるけど、
このごろ弟が自分が使った食器も洗わなくて、そういう後片づけに
手を出さないといけないこともうっとおしい限りです (ーー;)

 

「気が向いたら、一回一緒に面会に行ったげれば?」と言っても
「気が向かん」と言うしなあ…。

 

なんだかなあ…。

今の私、元気な時の2〜3割の気力しかないような気がします (ーー;)

 

 

f:id:haruusagi_kyo:20150828114637p:plain