つれづれ日記ー逝春抄ー

お絵描きと介護で多忙な日々 双極性2型障害と気長に共生中

新しいことを始めるのが「億劫」だという敵 (ーー;)

本降りの雨です。おかげでしっかりと頭痛がします。バファリンでも飲もうかどうかと考え中。

 

弟の訪問看護師さんのお話ではバファリンでも依存性があるらしいですが、本当に痛む時しか飲まないし、それもそうそう頻繁ではないから、一応常備はしてあるんですよね。クリニックでもらっているのがロキソニンでして、月に10錠なので、大抵余るんですが…。それでもバファリンかセデスあたりは置いていないと不便です。私よりも弟の方がよく飲むみたいだけど…。

 

解熱鎮痛剤は父も弟もショック症状を起こしたことがあるので、そのあたりは慎重にやっております。父の場合はナ○ンでした。弟は処方薬のクリアミン(私が片頭痛でもらってたもの)でした。いずれも急激な血圧低下などがありました。救急車を呼ぶほどではなかったけど、往診をお願いしたり、タクシーで病院に走ったりしました。

 

だからいまでも解熱鎮痛剤に対しては慎重なのですね。なんとなく精神科の薬に対しても私個人は慎重ですが。セルフコントロールが出来なくなったらすごい困るのが眼に見えているので…。

 

でも頭が痛いからいまバファリンは飲みました (ーー;)

 

 

ちょこっとweb素材の仕事をしたら、加工可能なデータが欲しいと言われたんですが、それだったら有料になります、とそもそも内容にちゃんと書いてあるんだけど、わずかな修正はついサービスで無料でやったりしてしまうので、その延長でタダだと思われているふしがなきにしもあらず… (ーー;) 困りますね。やっぱり私がいけないのかなあ??

 

 

今日はお昼もお弁当屋さんにお願いすることにして、あとはおとなしくお絵描きとかの続きをやりたいと思います。やはり電池が切れたら横になりつつ…。

 

そういえば、筆文字ですが、一人でやったらモチベーションの維持が出来ないと思って、通信講座に申し込みました。いまどきは全部ネットで終始するので、すでにテキスト(PDF)動画も届いています。Facebookのページもグループに入りました。…が、これがやっぱりなかなか進展しないんだよね〜。

 

正直、やりたいことだし、やる気はあるけども、それ以上にやりたいこと(お絵描きとか)を優先してしまって、それ以上のことが出来なくなるのが問題だと思います。

 

はあ…。本当に出来ることってわずかしかないんだなあ、と思います。お絵描きやブログを書くことなどは昔からすでに「日常の習慣」になってしまっているから、抵抗もなにも感じないのです。面倒だけど毎日シャワーやお風呂には入りたいとうのと同じかも。

 

でも新たに始めようというのは本当に敷居が高いです。つくづく嫌になります、自分でも。あまりに出来なさすぎて。

 

春にかんたんお点前セットというのを買いました。ごく手軽にお点前が楽しめてお抹茶が飲める、というものです。お茶わんと茶筅となつめがついているものですが…。これがねえ…。そうやって道具は眼の前にあるのに、まったく手が出ないんですよね。お抹茶大好きなのに。すごい簡単なことなのに…。

 

いままでやっていなかったことの敷居の高さが本当に半端じゃないです (ーー;) こういうのが病気なのかなあ??

 

特養で「いらなくなったお茶道具があれば提供をお願いします」という張り紙を見ているので、もういっそ新品のままで寄附してしまおうかなあ…。オークションに出す手間ひまが面倒だし、億劫だしなあ…。

 

そうだ、この「億劫」というのはかなりあります。新しいことを始めるのが億劫。うつの時だけじゃなくて、軽躁の時でもこれはあんまり変わらない気がします。億劫だし、面倒だし、というのを乗り越えるって半端じゃ出来ないわ…、と現在実感している最中です。

 

やる気は起きても実行できなきゃあんまり意味がないような気がする… (ーー;)

 

 

f:id:haruusagi_kyo:20150820090904j:plain