つれづれ日記ー逝春抄ー

お絵描きと介護で多忙な日々 双極性2型障害と気長に共生中

はるかな少年ドラマシリーズ DVD「トキオ」

ゴミを捨てるために表に出たら、回覧板が来ていたので中身を見ずにハンコだけ捺して
お隣へ…。そうしたらご近所のおばちゃんにばったり出会いました。

 

「あんた、大丈夫かいな?」
「あかんわ。なんかますますしんどい。明日検査に行くわ」
「明日は休みやで」
…というので、気付きました。曜日は覚えてるけど、祝日が頭にないままですね。

 

でも教えてもらえてよかった。でないとまた無駄足踏むところでした。

 

「ぐずぐず言うてるわりには痩せへんな」
「うん。わりとまともに食べられてるのと、薬のせいもあるかも…」

 

精神科の薬で激ヤセするケースはあんまり聞かないですし(ないとは言いませんが)
しんどいから動かないというものあってカロリー消費しづらいのかも…。
あ、でもうつがひどい人だったら痩せるかもしれません。

 

要するに外見ではしんどそうに見えないというのは、いいのか悪いのか?? (ーー;)

 

 

このあいだの「時生」が10年以上前にドラマ化されていたと知って、買ってみました。

ちょっとは「元気のもと」になるかもしれない、と期待して…。

 

f:id:haruusagi_kyo:20150719192840j:plain

 

全部で5時間あまりあるから一気には見れないな。さすがにそういう体力はないですね。

わりと面白いけど。原作本とはラストも違うらしいですが、これはこれでいいかも…。

 

取りあえず3話だけ見ました。NHKでこういうドラマやってたんだ。

 

昔好きだった「少年ドラマシリーズ」とかついつい思い出しますね (^_^;) 私も中学生くらいの時に熱心に見ていたな。ジュブナイルSFが原作で「時をかける少女」(タイトル違ったかも…)とか「幕末未来人」とか、「七瀬ふたたび」とか、SFの原作者たちもまだまだ若手かな?という時代でした。

 

ノスタルジー入ってるから余計に楽しいです。10年ちょっと前の国分太一くんと櫻井翔くんと富田靖子ちゃんかあ…。結構はまり役だなあ。物語の時代が1979年。私って拓実と同世代になるんだなあ…。

 

それでも彼とつきあっていたら、やっぱり愛想つかしそうだ。見捨てないのは息子だからかなあ。未来には尊敬出来る父親になっているのでしょうね、多分。

 

私の気分は「少年ドラマシリーズ」から戻ってこれそうにない感じですが… (^_^;)

 

f:id:haruusagi_kyo:20150719192920j:plain


少年ドラマシリーズってなに?という人はご両親に訊いてみよう (^_^)