つれづれ日記ー逝春抄ー

お絵描きと介護で多忙な日々 双極性2型障害と気長に共生中

やる気があってもうつの時期だそうです (ーー;)

クリニック受診してきました。飛び込みでしたので、若干の待ち時間はありましたが、まあ、30〜40分以内には診察に入れます。

 

メモも渡して要点も要点意外のことももろもろ話して、「それはうつに入ってるで」と言われました。身体的症状だけでもうつと判断できるらしいです。「もっとひどかったらやる気もなくなる」そうで…。

 

姪が無事に帰ったのがきっかけかどうかはわかりませんが、希死念慮がなくても、やる気はあっても身体的症状が「うつだ」と訴えているのならそうなんでしょうね (ーー;)

 

まあ、いままでに完全にやる気が消失したことはなく、少なくともお絵描きの意欲はいつもありましたが、やっぱり嫌いなことから出来なくなるそうで、私の場合はそれが「ご飯が作れない」ことになるんだなあ。掃除などは一日置きでも出来るのは出来ているし(ただし自分が生活する範囲だけ)。

 

もっとも好きな創作関係だけがいつも残ってくれる次第です (^_^;) それは嬉しいんだけど。

 

 


以前、軽躁の時には「社会に対して怒ってた」とカルテを見て言われました。確かにそういう時期もありましたが、あれも軽躁だったのね。楽しいばかりが軽躁ではなくて、怒っている軽躁もあるんですね。

 

まあ、いまでも社会に対してはほぼ連続で怒っていますが、その表現がかなりマイペース?…というのも変かなあ??あんまり極端な怒り方ではない気がします。

 

双極性2型の波が小さくなるということは何事につけても極端な反応が少なくなるということかもしれません。わりと穏やかな反応になるということかなあ??

 

まあ、いま現在がうつだとしたら、また必ず浮上する時は来ますので、焦らず慌てず待つことにします。体調がこれだと欲張って出来ることは少ないかもしれませんが、アイデアをためる時期、思索の時期だと思えばいいかな?と思います。

 

身体を休めつつ、出来ることはやる。…多分それでいいんだろうな。焦らず、慌てず、諦めず。

 

そういう感じでいきたいと思います。

 

 

いつもブログなどでぐだぐだ書いているせいで、多くの方にご心配おかけして申し訳ありません。

 

そういう感じで、低い波の時期に合わせて、あんまり無理しないでいこうと思います。
ありがとうございました (^_^)

 

 

f:id:haruusagi_kyo:20150707110712j:plain

 

f:id:haruusagi_kyo:20150704094027p:plain