つれづれ日記ー逝春抄ー

お絵描きと介護で多忙な日々 双極性2型障害と気長に共生中

活字が読めるようになりました (^_^) 戻った!

昨夜、横になってから、なんとなくこわごわで活字の本を開きました。先日「頭に入らない」と言っていたあの本です。でも昨夜は読めました。わりとすんなり内容が頭に入ったのでホッとしました。

 

あれはやはり一時的なものだったのかもしれません。そのわりに18時間くらい続いていた気がしますが、著しい脳の酸素不足という感じでした。

 

 

 

でも脳虚血というほどの手足などに関する症状は出なかったので、脳梗塞とかじゃないなあ、とは思っていましたが。血液にそんなに問題があるとも思えませんし…。

 

父の場合は普段から心房細動があったんですね。多血症の気味もありました。なので、普段から水分を摂らないといけない、とやかましく言ってたんですが、夜中にトイレに起きるのが嫌だから、特に夜間の水分を控えめにしていた気配があって、結果的に心房細動で出来た大きめの血栓が脳で詰まったんです。トイレに起きるのを面倒がらずに夜もしっかり水分を摂っていたらまた違ったかもしれません。もういまさら遅いけど…(ーー;)

 

私の場合はうつの傾向よりもやっぱり疲労が蓄積しているのかもしれません。なるべく休める時は休むように心がけたいと思います。

でも今日は頑張ってご飯も作りました。あとはまた寝たり起きたりかなあ…。夜になると楽になってくるあたりが日内変動ですね…(ーー;)

 

f:id:haruusagi_kyo:20150704093957j:plain


昨日たまたま見かけた記事。

 

beauty.oricon.co.jp

 

ええー、こんなに簡単だったら誰も苦労はしないよなあ、と思います。

 

まあ、ブログを書くのとは微妙に違うのかもしれないけども…。でもブログってほとんど日記ですよねー。11年続けていても自律神経のバランスはいまだに改善もしなくて、微熱だと倦怠感だの低気圧の前の不調だの、もろもろありますが、これはもう、このままでいいや、と開き直る(ーー;)

 

こういうのとも一生気長に付き合っていけばいいや、と思います。私たちの場合はとにかく「面倒くさいと思わないこと」でないと毎日は続きませんから。面倒なことを続けるのって苦痛とストレスでしかないと思います。

 

自分に一番いい方法はやっぱり自分が見つけていかないといけませんね。

 

 

…そんなわけで、ご心配おかけして申し訳ありませんでした。

休みながらぼちぼち行こうと思っております。またいつかきっともっと動けるようになると信じています(^_^;)

 

 

 

f:id:haruusagi_kyo:20150704094027p:plain