つれづれ日記ー逝春抄ー

お絵描きと介護で多忙な日々 双極性2型障害と気長に共生中

お絵描き=精神安定剤が必要な時期みたい

なにがどうなるかわかりませんが、予約投稿しておきます。

 

 

昨日は体調が悪かったのもありますが、なんだかもうなにもかもが嫌になった感じで、ちょっとやばいなあ、と自分でも思いました。

 

だからネットにもほとんど繋がずに、メールチェックだけして、あとはお絵描きとか原稿の編集とかしていました。ちょっとだけ仕事もありましたけど…。

 

嫌になっても絵を描くことだけは嫌にならないので、やっぱり私にはこれが一番効果がある精神安定剤なんですね。次に描きたい作品のキャラの骨格はほぼ決まりました。服を着せていく作業はまだこれからですが…。

 

日頃描いている、装束なんかだとヌードデッサンはしませんしね。洋服だともうそこから違ってくるんですが…。

 

Facebookで所属しているサークルのコンテストがありまして、それに出せたらいいなあ、とかふと思ってしまって… (^_^;) 思っただけじゃなくて、勝手にお話も出来てしまったんですが、それは漫画か絵物語くらいでしか描けないと思うので、また別の機会があれば、になると思います。なんとかして1枚絵の中に収まるといいけれど…。

 

こういう励みがあるのは生きるためにありがたいと思います。

 

私って本当にお絵描きに支えられているなあ、と思うのですね。これがなければ今ごろこの世にはいなかったかもしれない、としみじみ思います。それくらいに私の中心にあるものです。伴侶よりも近い気がするな。分かちがたいものだよね。

 

 

f:id:haruusagi_kyo:20150615200714p:plain

 

 

まだうつではないと思うんですよ。疲労感は相当強いですが…。でも私の場合、強い疲労感は休みたい→死にたい、に発展する可能性が大きいので、だからいま精神安定剤が必要なんですね。

 

なりゆきまかせでわかりませんが、しばらくはそちらに集中する可能性もあります。

 

ブログやFBのコメントのお返事が遅れる可能性も多々ありますが、しばらくはどうぞお許しください。

 

よろしくお願い致します。

 

 

f:id:haruusagi_kyo:20150615200617p:plain