つれづれ日記ー逝春抄ー

お絵描きと介護で多忙な日々 双極性2型障害と気長に共生中

日々多様にいろいろありますね

頑張っておかずを作るつもりでいるので、予約投稿にしておきますね。


昨日は予定どおりにTさんと一緒に母のところに行ってきました。

 

先週はハイタッチするほどご機嫌だったのに、今日はダメでした。食事にまったく手付かずでいたので、少しでも食べないか?と二人で言ったら、気にいらなかったらしく、右手で思い切り手付かずのトレイを押しやって、結果、ご飯は全部床に落ちて、隣に座っていた方のタオルまで濡らしてしまいました。ダメじゃん。

 

「入れ歯はどうしたの?」と聞くと、スタッフさんが「食事前にはめてあげても、自分で外して投げてしまわれるんですよ」とのことで、しばらく(数日くらい?)こういうことが続いているようです。

 

ハンストっていうよりも食事拒否かな?まあ、食欲のムラは家にいた時から多かったし、リフレックスを1〜3錠で調整してきましたけど…。機嫌の良し悪しは家にいる時よりも激しいなあ。やっぱり双極性障害のような気がしますけど…。

 

Tさんは「また治ったら遊びに行こう」と言われていましたが…。

 

このTさんは実は中学生の時からのおつきあいなので、おおよそ70年にわたる母の友人ですね。同じ友達グループの中でも母がいつもリーダーのような感じでしたので、ひときわ落差が激しく感じるというか…。他のみなさんはこんなことありませんしね…。

 

まあ、でも施設の内部やら一緒に見てもらえてよかったです。Tさん経由で他の友達にも連絡が行くと思いますし…。想像していたよりも綺麗で広くて明るい、と好評でした(^_^;)

 

帰りがけに症状の軽そうなグループの方々が車椅子で輪になって、足のリハビリ体操をしておられました。

次に行く時は機嫌よくしていてくれるといいんだけどなあ…(ーー;)

 

f:id:haruusagi_kyo:20150610183414p:plain


以前から不思議とTさんと伯父からの連絡は同じ日になることが多いのですが、案の定、夕方には伯父からの電話がありました。

 

母よりも11歳上なので、「まだ若いのに」といつも言ってくれますが、若いけどああいう状態なんだよね〜。

 

春に従兄が退官になったので、とっくに帰京しているんだと思っていたら、まだ福島とのあいだを行ったり来たりして片付けているらしい。来週あたりにはすっかり全部引き上げになるようですが…。あと2年くらい居て欲しいと引き止められたのを、断って帰ってくるようです。…そうだよね。90越えてる伯父にとっては貴重な2年だし。

 

夏に1週間ほど講義に出たらそれでおしまい、とかで。「名誉教授ももらったけど、もう帰っても勤めには出ない」そうなので、年金生活になるのでしょう。

 

伯父もいろいろと心強くなっていいなあ、と思います。ペーパードライバーだから運転はしませんが…。

 

私と同じ歳の従妹ももぎっくり腰で20日くらい寝込んでいるそうです。従妹は普段は元気だけど、突然に高熱をだしたりもするんだよね〜。日頃グズグズ言っている私の方が大事にならずにすんでいるのは「柳に雪折れなし」のパターンかなあ??(^_^;)

 

 

そんなこんなで、まあいろいろあるよね〜、という感じですね。

 

 

f:id:haruusagi_kyo:20150609093325p:plain