つれづれ日記ー逝春抄ー

お絵描きと介護で多忙な日々 双極性2型障害と気長に共生中

やっぱり胆力がものを言うのかも…

昨日は暑かったですね。今日も同じくらいの予想気温ですけど、そろそろ扇風機がいるかなあ。出したら邪魔だけど、まだまだエアコンを使うのは勿体ないですし…。


気温差が激しいので、本当に微熱が続いていて、しんどさに輪をかけています。この季節はどうしようもありませんね〜。梅雨明けくらいまでは微熱も続きます。

 

時々喉も痛かったりするので、一時期は本当にこれって慢性疲労症候群だろうか??と悩んでいた時もありました。

 

matome.naver.jp

他のサイトを見てみたら、双極性障害の時はこういう身体的な症状も含めて考えろ、とあるので、あくまでも双極性障害の症状のひとつかなあ?とは思うんですが…。

 

脳に炎症が起きる、というのなら、すごく近い場所でなにか変化が起きているような感じはありますね。

 

いずれにしても、治療の光が見えて欲しい思いに変わりはありません。

 

f:id:haruusagi_kyo:20150524200959p:plain

 

 

で、部屋のなかですが、この時期のしんどさもあって、本当に進みません(ーー;) 部屋のあちこちに本の山ができていて、これでも本が詰まった段ボールを端っこから順番に崩しているんですが、その段ボールの量が半端じゃなくて…(ーー;)

 

いずれはちゃんと書棚に収めたいという目標があったので、読んだ本も通販用のビニール袋と簡易封筒に入れているから、本自体は綺麗です。が、その包装(?)を解くのがえらい大変…(ーー;) 梱包剤のゴミの山も作っています。

 

生きている間にもまだ本が増えるのは確実ですし…。なんにして大変としか言えないですね〜。

 

弟に洋服ダンスをもう一つ減らせと言われているんですが、そこには母のものが入っていて、母はまだ生きているから、全部処分するのもはばかられるし…。

 

仕事やらいろいろ並行してやっているから、どうしても時間がかかりそうです。

 

気力をなくしたら全部アウトみたいで、それでもあまり深刻じゃないのは、精神的に落ちているわけではないからでしょうね。やっぱり日々胆力が必要なんだなあ、と思います。

 

f:id:haruusagi_kyo:20150524120029p:plain