つれづれ日記ー逝春抄ー

お絵描きと介護で多忙な日々 双極性2型障害と気長に共生中

訪問看護が負担だと言われてしまった

昨夜は寝心地のいいベッドで、爆睡してしまい、なおかつ朝寝過ごしてしまいました。
まずいです。このベッド。親和性がすごい高いです。いつまでもここにいたくなってしまう… (^_^;)

 

まあ、それだけの甲斐はあったと思いますが、結局、私は毎日電池切れ寸前状態まで起きている間は動いているということなのかもしれません (ーー;) デパスだけで眠れるし、ほとんど夢も見ませんし…。電池切れだよね、やっぱり…。

 

 

本棚はまだ完成しません。これを2個縦につなげて固定して、定位置に運ぶだけでも1人では無理です。とことんになったら弟にでも頼むしかないかなあ…。

これって本棚だけでも相当重いです。大丈夫なのか???

 

f:id:haruusagi_kyo:20150511111006j:plain

 

で、四苦八苦して組み立てている最中に訪問看護ステーションから電話が来ました。

 

先週、工事中で連絡が取れなかったとのことで。先週は私が特養に行っていた時です。てっきり弟が連絡しているとばかり思っていました。

 

その弟ですが、訪問看護を受けるのをやめたい、と言い出していて、今、悩みの種になっています (ーー;)

 

たいした理由じゃないと思うんですが、「かえってうつになる」とか「追い立てられている気がする」とか言います。負担になるというのが言い分なんですが…。

 

だったら受診が出来るのか?と聞くと、それもまだ無理というし…。

 

なんでなにもかもから逃避しようとするのかなあ?と思うんですが…。

 

 

母のことが一段落か?と思ったら、今度はまた…か??

 

…なんだかもう、私も頑張るのが嫌になってきた… (ーー;)

だって、この家、私が頑張らないと回っていかないのがあまりにも明白。右も左もわけがわからないと思うんですけどね…。

 

 

なんだかもう、どうしたらいいのかわからなくなってきました。3人分、頑張るしかない?と思っていたけどさ。それが正しいのかどうか、現在、悩んでいます。

 

ああ、もう寝心地のいいベッドにずっと埋もれていたいよ… (ーー;)

 

 

 

f:id:haruusagi_kyo:20150429194625p:plain