つれづれ日記ー逝春抄ー

お絵描きと介護で多忙な日々 双極性2型障害と気長に共生中

休むと落ち着かない双極性障害ってあるのかな?

母のところに行ってきました。

 

施設の人の話では、昨夜は「帰りたい」と泣いていたようです。

 

本人も「ゆうべは一睡もしていない」と言っていましたし、感情が高ぶったの

かもしれません。

 

牛乳が苦手でヨーグルトが好きだと言って、交換してもらえるみたいで
「赤ちゃんみたいに優しくしてくれはる」とのことでしたので、
よかったねえ、と言ってきました。

 

左手の痛みを気にしてか、着替えや入浴を嫌がるらしいので、その旨、家では

看護師さんに左手だけ注意してもらっていたけど、あとはそーっとやって

もらえたら大丈夫です、とお願いしてきました。

 

「3年したらうちに帰る」、というので、その3年の根拠は不明ですが、
それまでに部屋を綺麗にしておくわ、と伝えました。

 

人間には希望が必要です。生きるために。

 

まあ、3年後にどうなるかは神のみぞ知る、ですね。
帰れる状況なら別にそれでもいいけどね、と開き直る (ーー;)

 

母の靴を持って行ったはいいけど、自分が歩けない、すぐに脱げる靴を間違えて
履いてきてしまって、結局母の靴を借りてきました。
まだファスナーがしまらないなあ。

 

蜂窩織炎のあとで足回りが25センチくらいあるので、靴には苦労しています。

 

今後の予定を話したら「あんた、忙しいやろうからはよ帰り。身体に気いつけな」と
母に言われてしまった。

 

最寄りのスーパーで買い物して帰ってきたら、お隣のおばちゃんに会ったので、
状況を報告して、やはり今後の予定を話したら、「頑張りすぎなやー」と
言われてしまいました (^_^;)

 

忙しい、っていうのはやっぱり頑張り過ぎているのかなあ??

 

ちなみにこれを書きながらサイトの更新をしております。
AdobeMuseはバージョンが上がると、いちいち全部のファイルを
書き換えてくれるから、アップロードに時間がかかります。

 

明日、このご依頼作品を郵送したら一段落、なんですけれども…。

 

なーんにもしない弟を見ていると、あれがこの病気のデフォルトなのかな?と
思ったりします。私ってやっぱり動きすぎかなあ??


ま、そんなわけで

星宿海 渡時船entrance の更新も出来ました (^_^)

 

頑張るのがデフォルトになってしまっているのかもしれません。

 

ある日突然にばったり倒れて死ぬのも理想かもしれませんね〜 (^_^;)