つれづれ日記ー逝春抄ー

お絵描きと介護で多忙な日々 双極性2型障害と気長に共生中

さらにその後の「ココナラ」について

「ココナラ」で検索してくださる方がいらっしゃいましたので… (^_^;)

 

私が「ココナラ」のサービスを始めたのは確か月初めだったと思います。
ちょうどひと月くらい経ちましたかね?

 

まあ、最初は無料枠をいくつかこなすだけだから収入にはなりません。
でももともと好きな仕事のカテゴリに入る内容なので、それなりに楽しんで

やっていました。

そうしましたら、リピーターさんが結構いらして、「次はこれお願いします」と

いう感じでおかげさまで連日仕事が途切れない状態になりました。

ありがたいことです。

 


そういうことをしているうちにランクアップもしまして「ポピュラー」になり、
仕事の内容にオプションがつけられるようになりました。
今のところはまだ500円、もしくは1000円のオプションですが、
もっとランクアップしたら5000円くらいの受注が可能になるようです。

 

(ただし、すべてに3割の手数料がかかるので、その分引かれますが)


それといま現在、旬だと思われるこのサービスは意外と個人的なPRにも
なっているような気がします。注目度が高い気がします。

 

いろいろと急上昇ランキングとか、そういうランキングに入ると
やっぱり注目されることが増えますし…。

 

f:id:haruusagi_kyo:20150331121713j:plain

 

 

その結果として、ココナラの外部から仕事の話が入ってきたりするんですね。
これも非常にありがたいことです。ただ、そういうまとまったお仕事は
かなりの時間と労力を要するので、ココナラ本来のお仕事とどういうふうに
かみ合わせてやっていくかの工夫が必要だと思いますが…。

 

中の仕事と外の仕事。

 

みなさん「気長にお待ちします」と言ってくださるのが申し訳ないかぎり。
…でも嬉しいですが… (^_^;)

 

単価は安いけれども、やれば確実に収入になって、それが実績になる、という
方法は私には向いていると思います。

クラウドソーシングでよくあるコンペですと、ゼロか100か、みたいなことですし、
そういうエネルギーの使い方は私には無理だなあ、と思いました。

 

しんどくない、といえば嘘になりますが、これもひとつの窓口としては
いい方法だと思っています。

 


それに何と言っても、「作っていただいたヘッダを使ってサイトが出来ました」とか
「気に入ってくださって、何度でもリピート注文をくださる方々の存在が
非常にありがたいです。

リピートの回数もそのまま実績に結びつきますしね。

 

コミュニケーションも密になって嬉しいです。

 

地味に地道に着実に、という仕事がしたいなあ、という方には
結構向いているかもしれません。