つれづれ日記ー逝春抄ー

お絵描きと介護で多忙な日々 双極性2型障害と気長に共生中

諸事雑感、というタイトルは駄目なんだけど…

昨日は訪問入浴の日でしたが、私がしんどかったので、今週は休みにしてもらいました。おかげで小さな仕事がひとつ出来ました。なんだかいかに介護に時間と気力を奪われているかよくわかる気がするなあ… (ーー;)

 

まあ、2週に一度のお風呂でも母が嫌がるくらいなので、尿路感染症と褥瘡の予防のためくらいには入れないと駄目だなあ、とは思っています。そのあいだに机とPCが使えないのが厳しいんだけどね。

 

「まあ、風呂に入らなくても死ぬわけではないし」と弟が言いますが、その弟に尋ねてみたところ、「自分は10年入ってない」と言いまして、改めてひえ〜、という感じです (ーー;) シャワーだけでもしていた時はあったと思うけど、パニックの予期不安で入れなくなって10年も経つのか…。全然改善してないじゃないか〜(>_<) 今度救急車に乗る機会があったら無理やりに乗せてやろうかしら。

 

「肩のへんから時々垢が剥がれることがある」って、どんなにひどいんだ〜。叫び出しそうな感じです(>_<)  こいつは私と違って潔癖症じゃないんだな。「他人が作ったおにぎりは食べられない」というくらいで。

 

甥っ子がここにいたらなあ…。「お父さん、一緒に入ろう」って背中を流してくれるだろうし、あの子がそもそも救命救急士なんだから、なにかあっても心強い、というあてになる存在なんだけどな…。そこいら男同士でいいよね〜。思いっきりこすり倒したい衝動に駆られます (ーー;)

 

確かにお風呂に入らなくても死なないけど、生きていたらせめて月に二度くらいは入って欲しいと思います (ーー;)

 

f:id:haruusagi_kyo:20150327204038j:plain

 

 

「ココナラ」の仕事と並行して、お絵描きの方も下絵が出来たので、昨日からぼちぼちIllstratorでの線画にかかっています。

 

そういえば簡単お点前用の抹茶とお茶椀など、一式を買って、出来れば毎日美味しい抹茶を飲みたい、と考えているんですが、届いているのに、まだ荷ほどきも出来ていないってどういうことかなあ…? なんだか忙しいなあ… (*-д-)-з

 


「ココナラ」経由ではありますが、独立したお仕事の相談をしてくださる方もあります。それだけにまとまった内容になるわけで、どうしたって私は1人しかいないから、今関わっているお仕事が出来てからでよければ、という話になってしまうのは仕方がありません。

 

仕事が途切れないというのはありがたいですが、重なっても困るなあ…。なかなかそのあたりが上手くいきませんね〜。

 

これとは別にイラストの仕事絡みの話もあったけど、私の絵はどこをどうしてもゲーム向けにはならないし、まずもって私自身がゲームに関心がないから、これはお受けしようもありませんね。無理ですね。

 

 

パニック障害を克服した話を読んでくださった方から、「体調がましな時ってほとんどなかったんですね」とご指摘をいただいて、そういえばそうかな、と改めて気付きました。子供の頃から弱っちいし、運動神経もないし、で、普通だったらいじめられたりコンプレックスがひどくなったりしてもおかしくないと思うんですが、私はどちらもありませんでした。

 

忘れっぽいのかもしれませんが…。 マイナス要素があればその反面で、必ず補うようなプラス要素が存在するちというのに、子供の頃から気がついていたかもしれません。他の人と同じに出来ないことがあっても、私にしか出来ないこともあるしね、と思ってた。なんだかいつもどこかにささやかな自信のようなものがありました。

 

もともと他人と自分を比較する、という意識もなかったようです。自分に一番大切なものはわかっていたから、それがあれば大丈夫、みたいに。それでいながら克服すべき存在は常に自分自身だったから、まあ、これの繰り返しだったらメンタルも強くなるかなあ、と思います (^_^;)

 

世の中は大抵陰陽で成立しているので、マイナスの裏には必ずプラスが存在する次第。病気との関わりから得た、貴重な実感でした。

 

 

 

追記:web素材のお仕事は絵が完成してから改めて連絡させていただくことに

   なりました。
   「ご本業が盛況でなによりです」と言ってくださったけど、本業ってどっち??