つれづれ日記ー逝春抄ー

お絵描きと介護で多忙な日々 双極性2型障害と気長に共生中

いまだあちこち通院中 (ーー;)

今週二度目の整形外科に行ってきました。行く前はかなり気分が悪くて、どうしよう?引き返そうかなあ、と考えていたんですが、ピンポイントでもマッサージを受けたら、その気分の悪さが改善した気がします。 これって事故のせいなのか、双極性2型のせいなのか、なんだかよくわからんなあ、と思っています。でも首は肩から上のすべてに影響があるみたいだしなあ…。俯くと吐き気がする時もありますし、本当によくわからないのですね。 で、それでも今月半ばで事故から丸半年になります。

 

ネットの時代はありがたくて、事故に遭った場合の行動なんて私は全然わからなかったのですが、ネットの上の無料相談で、弁護士さんと行政書士さんにいろいろと教えていただくことが出来ました。

 

丸半年以上経っても改善しない症状があれば、後遺障害になることもあるので、必要な診断書用紙を保険会社に請求することとか、私のような立場でも、実質家族がいて、主婦の立場であれば休業損害になるのだとか、そういうことですね。まだまだ本格的なことは今後になりますが、そういうことを教えていただけるのはありがたいと思います。

 

はー…。でもMRIやCTやレントゲンに写らない神経的な症状ってどう証明が可能なんだろうか??実際に事故のあとでかなり長いこと縁が切れていた頭痛にしばしば(軽いけどほとんど毎日)悩まされるようになっているのは事実なんですが… (ーー;)

 

まあ、案じても仕方がないので、今月後半になったら、その診断書用紙を送ってもらおうかと思っています。ちなみに膝の傷跡も醜いケロイド状に残ってるけど、ここはサイズが小さいから後遺症とは判断されないと思います。顔だったら問題だろうけどね。

 

左足の腫れもあんまり改善が見られないけど、場合によっては大きな病院での検査が必要になるかもしれませんね〜。朝に2時間近い受診の時間を奪われるのは結構痛いんですが。 来週の月曜日はクリニックの受診です。これも2時間くらいなので、母を待たせておいて、弟を連れて行ってこないと、と思います。

 

弟の血液検査が今度こそ出来るといいんだけどなあ…。 はあ… (*-д-)-з本当に病院と縁がない生活って元気だってことだから、マジでありがたいと思います (ーー;)