つれづれ日記ー逝春抄ー

お絵描きと介護で多忙な日々 双極性2型障害と気長に共生中

少しずつ前に進んでるかな?

昨日はやっと便利屋さんに来ていただいて、気になっていた3箇所を直していただきました。どれも一度は自分でやってみたけど、歯が立たなかった、というものなので、本当にやれやれ、という気持ち (^_^;) 1時間弱の作業時間で8,000円だそうですが、またの機会もあるかな?と1万円お渡ししました。

 

水道や水まわりはテレビCMをやっているようなところに頼むとやっぱりかなり高くつくそうです。そうだろうなー。よほど緊急の場合じゃないと無理だよね…。 築50年の家は直す必要がある場所が多すぎて、全然費用が足りません。頭が痛いことです (ーー;)

 

昨日、特養→ケアマネさん→看護師さん、という順番で入ってきた情報。 申し込みをしている特養ですが、待ち人数が「おそらくあと10人くらいだと思う(ケアマネさん)」という感じだそうです。 「あと10人」でどれくらいかかるかはわかりませんが、早ければ今年中とかでもあり得るかなあ、と…。 今は具体的な予定が立てられませんが、一度気が向いた時にふらっと見学に行こうかなあ、と思ったりしています。(で、帰りにお稲荷さんに寄ってくるの♪)

 

いきなり当日に問い合わせたりしても受けてもらえるかどうかがわかりませんが…。こっちも結構時間に縛られてるからあんまり余裕はないけれど…。 でも気にはありますしね。一応は。

 

弟にタバコを買ってきて欲しいと頼まれたので引き受けました。これを「自分で行け」と言ったら、またお酒を買ってくる可能性があるので…。日常のちょっとした買い物で外出するのはすごく大事なことなんですが、弟の場合はお酒を買う危惧がある、というので、主治医の先生も私も頭を抱えるところです (ーー;)

 

母の特養入所と、その後の部屋の片付けがきちんと済んだら、私もベッドを置きたいところですね。 それでもって落ち着いたら、ネズミ対策と癒しのために猫が飼いたいなあ、と思っております。

 

母の世話をしなきいでもよくなったら猫の世話が出来る余裕が出来そうな気がするし…。 弟も気分転換になるんじゃないかなあ?私ももっと積極的に仕事をしたい願望がありまして、それも家での仕事だから、猫がいるといいかもしれない。 ネズミ駆除に何十万使うよりはずっといい気がします。これも前向きに検討中です (^_^;)

 

今日はお風呂の日だけど(これがあるから現状で猫は無理)、私もずっと整形外科に行く暇がなかったので、お任せして行ってきます〜。