つれづれ日記ー逝春抄ー

お絵描きと介護で多忙な日々 双極性2型障害と気長に共生中

処理能力越えてます。私の限界 (ーー;)

雨です。気分も体調も落ちています。かろうじて整形外科には行ってきたけど、待合室では半分以上寝てました。 お弁当だけ買って帰宅して、水道管を取り付けようかなあ、と思ったら、今度はサイズが合う工具がありませんでした。ナット、というのかな?あの部分の直径が27ミリくらいあって、それが合うスパナも見つからず…。

 

昨日、ステンレスの釘はヤフオクで見つけたのでそれを購入して、届くのを待っています。再度ホームセンターに走るのとどちらがどうか計算して、大差ないや、ってことで、スパナというか、あれはモンキーレンチというのかしら?それを通販で購入することに。

 

あとはトイレットペーパーホルダーが今日明日に届く予定ですが、はたして自力で取り付けが可能なんだろうか??不安です。私、電気ドライバーは苦手なんだよね… (ーー;) 安くて済むならまとめて便利屋さんにお願いしたいくらいです。

 

弟は非常に反応が鈍いというかなんというか、調子が悪いのはわかってるけど、このごろ動作が非常に鈍くて、「あんたは80歳90歳とかの老人か?」と、言いたくなるほどのスローな動作をしています。家の中で。 薬のせいがあるのかどうかはわかりませんが、母の看護師さんとヘルパーさんが連携して時間を作ってもらえるみたいだから、受診しよう、と言っても非常に気のない様子です。まったく覇気がないですね。

 

「ある意味、お母さんが一番元気かもしれませんね」と言われるくらいですし。 なので、弟のことも気になりますが、もう正直、家のことも全部投げ出したい気持になっているのは私の方です (ーー;)

 

もちろん、ネズミのことも大きいです。ネズミにはダニも付き物ですし、殺鼠剤を使って家の中で死なれるのも嫌だしなあ… (ーー;) なにも置いていない仏壇や、私の机の上の引き出しの上に置いてあった練り消しゴムまで齧って粉々にしてありました。食べるものじゃないのに。昼間になにか音がすると思ったら、エアコンの上に登ろうとしてじたばたしているし。おまけになんだか成長しているみたいだし。人がよそ見をしていたら、本当に部屋の真ん中にまで出てきます。

 

ご近所に猫を飼っているお宅が思い当たらないので、レンタルペットの業者を検索してみたけど、京都にはどうもないみたいだし…。もう少し私が元気で、それこそ弟でも手を借りられる状況なら、猫を飼いたいんですけどね…。

 

なんだかあまりにもいろんな課題がありますぎて、その反面、今の自分には処理能力が追いつかなくて、なーんか、すごく精神的にもきついです。てきぱきと処理していく能力とエネルギーが今の私にはないんだよね〜。やっぱりこのあたりがどうしようもなく病人というか… (ーー;)

 

だからしばしば、もう全部投げ出したくなる次第。PCの前に入る時だけはわりとましなんだけどなあ… (ーー;)