つれづれ日記ー逝春抄ー

お絵描きと介護で多忙な日々 双極性2型障害と気長に共生中

休みたい、休めない (ーー;)

あまりにもしんどかったので、朝、弟に「今日はもう寝てるわ」と言って横になったんですが…。 やっぱり母がいるから休めない (ーー;) 

 

日曜なのに褥瘡の手当てのために先生の往診があります。その手当ての手伝いからして結構疲れるからやだなあ、と思っていて。それはまあ電話で返答した弟がかわりにやってくれましたので、ちょっとだけ助かりました。でも処置に必要な物品の場所がわからなくて、教えないといけないとか、結局手は取られたり… (ーー;)

 

母に食べさせないといけないから、やはり食事の時にはどうでも手をかけないといけません。なぜなら弟はリーマスの副作用らしき症状で手が震えるために。スプーンで食べさせる、ということが出来ないからです (ーー;) さらに自分たちの食べ物も買ってこないとどうしようもないし、足の重さをこらえつつ、コンビニまで買い物に…。全然休めません (ーー;)

 

仮にこれが自分1人なら、トイレに行くだけで、あとは水分確保さえしておけば、ずーっと寝ていても問題ないわけなんですが、絶対にそうはいかないのね (*-д-)-з トータル1時間ちょっと横になっていただけで、いくらか動ける気がしたので起き出してきた次第です。 もう、本当に在宅介護は限界です。自分がしんどい時は本当に辛いよなあ…。

 

仮に自分と同じくらいによく内情がわかっていて、動ける人がいればいいんだけど。父の時はそれが出来たからまだよかったんだと思う。 いくらヘルパーさんをお願いしたところで、そういうわけにはいきませんし…。あれこれ説明してからお願いするという段階で、すでに私は「面倒くさい」と思ってしまいそうだ。

 

ヘルパーさんの制度も、一人暮らしならありがたいけど、うちみたいな場合はいまいちありがたくないかもしれない、と思ってしまいました (ーー;) こういう時はやっぱりそうだなあ…。うつとか落ち込みとかじゃないんだけど、「生きてるだけでも結構大変」とは思ってしまいますね。とにかくしんどくても休めない、というのがきついなあ、と。 まあ、それが現状ですぐにどうにも出来ないことなんですが… (*-д-)-з